トークン・エコノミーでオープン・ソース・ソフトウェアの収益化を支援する「フレームダブルオー」が資金調達

2020年6月15日、フレームダブルオー株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。

また、「Dev Protocol」を活用した最初のDAppsとして、暗号資産を通じて、寄付よりも気軽に社会貢献できるサスティナブルなプラットフォーム「Stakes.social」を開発者向けに先行リリースしたこともあわせて発表しました。

フレームダブルオーは、OSS(オープン・ソース・ソフトウェア)をトークン化することで、OSSのダウンロード数を収益化するトークン・エコノミー・システム「Dev(Dev Protocol)」を運営しています。

完全分散型、オンチェーン・ガバナンスのミドルウェア・プロトコルのため、様々なアプリケーション(DApps)を開発することで、誰でもエコシステムに参加することができます。

仮想通貨により新たな経済圏をつくるトークン・エコノミーは、例えばこれまで価値のつかなかった活動や趣味などを収益化することが可能となります。

また、既存のサービスでも中央集権的となり、活動に問題が生じている問題なども解決することができます。たとえば、グルメ・サイトの掲載順が手数料など決まる問題などを解決するためのトークン・エコノミー型グルメSNS「シンクロライフ」などがあります。

OSSは、ソース・コードが無償で公開されており、誰でも利用・改良・再配布ができるソフトウェアのことです。これは、修正・改良によりソフトウェアの発展・改善を目的としています。

そのためOSSは技術の発展に非常に重要な役割を果たしています。しかし現状OSSの開発者には相応の報酬があるというわけではありません。

もし「Dev」によるトークン・エコノミーが大きく普及すれば、OSS開発への心理的・経済的ハードルが下がるため、技術開発の速度は加速することになるでしょう。

資金はプロダクト・サービスの開発や成長にとって重要です。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ DApps Dev OSS Stakes.social オープン・ソース・ソフトウェア トークン・エコノミー フレームダブルオー ブロックチェーン 仮想通貨 株式会社 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ