注目のスタートアップ

生活習慣病患者/予備軍向け食事指導サービス「NPartner」開発・運営の「タウンドクター」が5,000万円調達

company

2022年5月25日、タウンドクター株式会社は、5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

タウンドクターは、生活習慣病患者/予備軍向け食事指導サービス「NPartner」を開発・提供しています。

食事指導において管理栄養士が患者のパートナーとして長期的に信頼関係を構築し、患者が取り組みやすい課題を設定し、さらに趣味や生活環境に合わせたメニュー・食品の購入場所・方法をおすすめすることで、食生活の行動変容を促すサービスです。

対面・遠隔のどちらにも対応可能で、精神科医の知見と精神科学にもとづいた独自AIによるパーソナライズされた指導を特徴としています。

今回の資金は、「NPartner」の機能拡充や、全国の健康保険組合・クリニック・自治体へのサービス展開の加速に充当します。

生活習慣病は日本人の死因の56%を占めています。

生活習慣病とは、偏った食生活、運動不足、ストレス、飲酒・喫煙などの生活の積み重ねが原因で発症・進行する疾患のことです。

日本人の死因の上位を占めている「がん」・「急性心筋梗塞」・「脳血管疾患」は3大生活習慣病と呼ばれ、これだけで死因の50%を占めています。

生活習慣病を予防するためには、やはり生活習慣の改善が必要です。しかし生活習慣はすでに根づいている習慣であるため、それを変えるには大きな努力が必要となります。将来かかる「かも」しれない病気のために行動を変えるのは、さらに困難なこととなります。

生活習慣病/予備軍の患者を診るクリニックや、健康増進を図る自治体は、対象者の行動変容を促すためのサポートを行っています。当初はサポートのあり方も試行錯誤されていましたが、現在では系統立てて行うようになってきており、確実に効果があがってきているようです。

「NPartner」は、こういったクリニック・自治体、そして健康経営に取り組む企業向けの、生活習慣病/予備軍の食事指導サービスです。

習慣を構築するのは難しいことなのですが、「NPartner」は食事面・ヘルスケアの観点からだけでなく、精神科学にもとづいた支援により行動変容・新たな習慣の構築を行うことが特徴的です。

タウンドクター株式会社のコメント

このニュースを受けまして、タウンドクター株式会社 代表取締役 山上慶氏よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

生活習慣病患者/予備軍向け食事指導サービス「NPartner」の機能拡充および全国の健康保険組合・クリニック・自治体へのサービス展開のため。

・今後の展望を教えてください。

“これなら出来る”と思ってもらえるような食事指導を、より多くの方に届けられるように取り組んでいきたいと考えています。

・読者へのメッセージをお願いします。

食事をはじめとする生活習慣の改善は、日々の生活と密接にかかわっており、一朝一夕で出来ることではないと思います。我々は対象者1人1人のその時のモチベーションに合わせた食事指導を行い、仮に1回の食事指導で改善できることは僅かであっても、それを積み重ねることで長い目で見たときの健康寿命の延伸に寄与できればと考えています。

ヘルスケアは企業の健康経営にとっても重要です。雇用人数が50人未満の事業場のストレスチェックは任意とされていますが、生産性の向上のためにも実施したほうがよいでしょう。起業ノウハウ週「冊子版創業手帳」の別冊「総務手帳」では、社労士によるストレスチェック対応について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ NPartner タウンドクター 患者 株式会社 生活 生活習慣病 管理栄養士 習慣 資金調達 食事 食事指導
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

ホテル&レジデンス・ブランドの「Sanu」が1億円調達
2020年8月7日、株式会社Sanuは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ホテル&レジデンス・ブランド「SANU」を展開しています。 第1弾のサービスとして、「SANU 2nd Ho…
Web3・デジタル資産メディア「CoinDesk JAPAN」を運営する「N.Avenue」が資金調達
2023年7月3日、N.Avenue株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 N.Avenueは、世界最大のWeb3・デジタル資産メディアを運営する米・CoinDesk社との独占的なパートナ…
VRライブ・プラットフォーム「VARK」運営の「ActEvolve」が資金調達
2020年3月4日、株式会社ActEvolveは、資金調達を実施したことを発表しました。 VRライブ・プラットフォーム「VARK」を運営しています。 バーチャル・アーティストのパフォーマンスを、自分が…
ケニアでB2Bローン事業を展開する「Crediation」が資金調達
2020年6月25日、株式会社ケップルは、株式会社ケップルアフリカベンチャーズの関係会社である株式会社Crediationが資金調達を実施したことを発表しました。 Crediationは、ケニアでB2…
【3/8開催】オンラインセミナー「多様化する事業承継」
大阪中小企業投資育成株式会社が主催する「多様化する事業承継」が開催されます。 事業承継の選択肢を増やすために必要なポイントや、後継者育成の支援事例、「家族よし会社よし株主よし」三方良し承継の取り組み事…

大久保の視点

IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】