新型コロナウイルス対策として遠隔会議の音声翻訳ツール「オンヤク」リリースへ

tool

2020年2月27日、株式会社ロゼッタは、「オンヤク」のサービス提供を2020年3月から開始することを発表しました。

「オンヤク」は、Web上の遠隔会議中において、異なる言語間の会話音声を認識し、発話内容と翻訳内容をテキストで表示するツールです。

Web会議は地理的な制約が解消されるますが、言語の壁は課題となっていました。

Web会議における課題の多くが解決されることにより、対面接触が避けられ、新型コロナウイルス対策として機能します。

また、Skype for Business Online、Microsoft Teams、Zoom、WebExなど、さまざまなWeb会議システムに対応しています。

グローバル化するビジネス・シーンにおいて、言語の壁はビジネス・チャンスを逃してしまう可能性を生み出す課題です。

リアルタイム翻訳ツールは数多く提供されていますので、精度や対応言語の数などが重要となってくるでしょう。

冊子版創業手帳」では、業務効率をアップさせる社内システムの整備について詳しく解説しています。人手の足りない創業期において、ITツールは大きな力となってくれるでしょう。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 便利なサービス
関連タグ AI Web会議 オンヤク ツール ロゼッタ 株式会社 翻訳
詳細はこちら

新型コロナウイルス対策としての遠隔会議上の音声翻訳ツール『オンヤク』サービス開始のお知らせ

創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

便利なサービスの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「kintone」を活用したシステム開発などを展開する「ジョイゾー」が「八芳園」と業務提携 伴走型DX支援を推進
2022年6月22日、株式会社ジョイゾーは、株式会社八芳園と、業務提携契約を締結したことを発表しました。 ジョイゾーは、サイボウズが提供する「kintone」のアプリ開発支援などにより顧客の課題解決を…
運送管理SaaS「アセンド・ロジ」提供の「ascend」が1.4億円調達
2021年10月20日、ascend株式会社は、総額1億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 運送管理SaaS「アセンド・ロジ」を開発・提供しています。 運送事業者の運行管理業務をデ…
物流AIスタートアップの「オプティマインド」が資金調達
株式会社オプティマインドは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、自動運転ソフトウェアを開発するティアフォーと、倉庫業者の寺田倉庫です。 AIを用いて荷物の配送を最適化するクラウドサービス…
NFCデジタル本人確認アプリサービス「CWORK」が正式リリース
2022年3月11日、コネクテック株式会社は、「CWORK」を正式リリースしたことを発表しました。 「CWORK」は、スマートフォンのNFC機能を利用して、本人確認用の主要ICカードに対応できる、本人…
生産者の顔が見える再生可能エネルギーを個人・法人に提供する「みんな電力」が15億円調達
2020年10月26日、みんな電力株式会社は、総額15億円の資金調達を実施したことを発表しました。 生産者の顔が見える再生可能エネルギーを個人に提供する「顔の見える電力」や、法人向けに再エネ電力を提供…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ