新型コロナウイルス対策として遠隔会議の音声翻訳ツール「オンヤク」リリースへ

2020年2月27日、株式会社ロゼッタは、「オンヤク」のサービス提供を2020年3月から開始することを発表しました。

「オンヤク」は、Web上の遠隔会議中において、異なる言語間の会話音声を認識し、発話内容と翻訳内容をテキストで表示するツールです。

Web会議は地理的な制約が解消されるますが、言語の壁は課題となっていました。

Web会議における課題の多くが解決されることにより、対面接触が避けられ、新型コロナウイルス対策として機能します。

また、Skype for Business Online、Microsoft Teams、Zoom、WebExなど、さまざまなWeb会議システムに対応しています。

グローバル化するビジネス・シーンにおいて、言語の壁はビジネス・チャンスを逃してしまう可能性を生み出す課題です。

リアルタイム翻訳ツールは数多く提供されていますので、精度や対応言語の数などが重要となってくるでしょう。

冊子版創業手帳」では、業務効率をアップさせる社内システムの整備について詳しく解説しています。人手の足りない創業期において、ITツールは大きな力となってくれるでしょう。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 便利なサービス
関連タグ AI Web会議 オンヤク ツール ロゼッタ 株式会社 翻訳
詳細はこちら

新型コロナウイルス対策としての遠隔会議上の音声翻訳ツール『オンヤク』サービス開始のお知らせ

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

便利なサービスのピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ