注目のスタートアップ

アプリでしか買えないカレー「TOKYO MIX CURRY」を展開する「FOODCODE」が4億円調達

company

2022年5月25日、株式会社FOODCODEは、総額4億円の資金調達を実施したことを発表しました。

FOODCODEは、アプリでしか買えないカレー「TOKYO MIX CURRY」を展開しています。

「TOKYO MIX CURRY」は、アプリからカレーの辛さ・トッピング・ご飯の量をカスタマイズして事前注文し、指定した日時に店舗でカレーを受け取る、OMO型のカレー専門店です。

当初はテイクアウトのみで展開していましたが、コロナ禍によりニーズが高まったことにより、自社デリバリーサービスの展開も行っています。

オンラインをベースとすることで、ユーザーへの付加価値の向上、オペレーションコストの削減、需要コントロールの実現など、新たな飲食モデルの構築に取り組んでいます。

「TOKYO MIX CURRY」の運営を通じ、完全内製で飲食店に必要なプラットフォームを開発しています。

今回の資金は、「TOKYO MIX CURRY」のさらなる成長に必要なサービス開発・改善、テイクアウト店舗数の拡大、オフィス導入数の拡大、カレー以外のメニューへの領域拡大、システムプラットフォームの他社提供などの新事業の展開などに充当します。

飲食業界は新型コロナウイルス感染症の流行により、大きな打撃を受けることとなりました。

コロナ以前から人手不足に苦しんでいた飲食店は、コロナ禍で生き残っていくために、より省人化・効率化や、高付加価値化といった取り組みが重要となりました。

また、テイクアウトやデリバリーのニーズの高まりもあり、新たにテイクアウト・デリバリーに参入する飲食店が急激に増加し、それに伴いオンラインを活用したマーケティングが重要となり、飲食店のデジタルシフトが進んでいます。

こういった状況から、完全キャッシュレス・モバイルオーダーのみといった、オンラインに軸足を置いた飲食店も登場し注目を集めています。

またデジタル化したことで顧客のデータの高度な収集・分析が可能となるため、それをマーケティングや商品開発に活かすこともできます。

スタートアップでは、カスタマイズサラダ専門店「CRISP SALAD WORKS」が早くからオンラインや完全キャッシュレス化に取り組んでおり、新たな顧客体験を提供する飲食モデルとして注目されています。

今後、FOODCODEが飲食においてどのようなモデルを作り上げていくのか注目が必要です。

累計200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の飲食に特化した別冊「飲食開業手帳」」では、出店に関するノウハウや、資金繰りの改善方法、スタッフの採用・教育など、飲食店の開業に必要なノウハウを提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ FOODCODE OMO TOKYO MIX CURRY アプリ カレー テイクアウト デリバリー 事前注文 専門店 店舗 株式会社 構築 資金調達 運営 飲食店
飲食開業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

物流業界におけるラストワンマイルのDXを目指す「207」が5億円調達
2021年10月6日、207株式会社は、総額約5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 配送管理システム「TODOCUクラウド」や、配送員向け業務アプリ「TODOCUサポーター」、在宅・不在情報…
犬の感情を表示するウェラブル・デバイス「INUPATHY」の開発元が1億円調達
2019年7月2日、株式会社ラングレスは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 犬の感情を5つの色で表す犬用ウェアラブル・デバイス「INUPATHY (イヌパシー)」を開発・展開していま…
クリエイター・プロダクション事業など展開の「BitStar」が10億円調達
2020年8月17日、株式会社BitStarは、総額10億円の資金調達を実施したことを発表しました。 クリエイター・プロダクション「BitStar」や、コンテンツ・スタジオ「BitStar Studi…
Webサイト多言語化の「Wovn Technologies」とデジタル・クリエイティブ・スタジオ「Sun Asterisk」が業務提携
2020年10月13日、Wovn Technologies株式会社は、株式会社Sun Asteriskと業務提携を開始したことを発表しました。 Wovn Technologiesは、Webサイト多言語…
サイバー・セキュリティ事業展開の「エーアイセキュリティラボ」が資金調達
2020年7月13日、株式会社エーアイセキュリティラボは、資金調達を実施したことを発表しました。 AIによりセキュリティ診断を行う「AI診断」の提供やサイバー・セキュリティ関連のコンサルティングと、S…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ