給料即日サービス「Payme」の「ペイミー」が7億円調達

2019年7月8日、株式会社ペイミーは、総額7億円の資金調達を実施したことを発表しました。

給与即日払いサービス「Payme」を運営しています。

企業の勤怠データと連携し、実労働時間から給与計算を行って即日払いを行うサービスです。

企業は福利厚生制度として導入することで、求人応募数の向上や、定着率の上昇などが見込めます。

今後は、「Payme」上に決済プラットフォーム機能を実装する予定です。

“口座受け取り”以外の手段を追加することで、キャッシュレス化の推進に取り組む模様です。

株式会社ペイミー 代表コメント

今回のニュースにつきまして、株式会社ペイミー 代表の後藤道輝氏よりコメントが届きました!

後藤道輝
慶應義塾大学卒業。East Ventures株式会社、株式会社メルカリ、株式会社CAMPFIREを経て、株式会社ディー・エヌ・エーに中途入社。DeNA戦略投資推進室での勤務を経て、2017年7月に株式会社ペイミーを設立。

ーこの事業を始めた経緯について教えてください

後藤:現在、単身世帯の二人に一人が”貯金ゼロ” と言われています。そうした状況の中で一番身近な給料の支払われ方が50年間”末締め末払い”という形のまま何も変化していないことに疑問を抱きました。働いた分の給与を給料日に縛られることなく自由に使うことができれば、無理な労働をすることもありません。将来価値は高いけれども手元にお金の無い人が、お金を理由に夢を諦めて欲しくないという思いから、給与即日払いサービス「Payme」を始めました。

ー今回の資金調達について、どのような反響がありましたか?

後藤:twitter、Facebook、Wantedlyなどから50名を超える方がご応募くださいました。

ー今後どのような事業展開をしていきたいと考えているか、教えてください

後藤:ペイミーで正当に下克上できる世界を作っていきます。 キャッシュフローの多様性を生むことで資金の偏りによる機会損失のない世界を作り、100年後の歴史の教科書に載るインフラをペイミーで目指します。

読んで頂きありがとうございます。最新号の創業手帳(冊子版)も併せて読んで見て下さい。

大久保の視点

ペイミー、この上なくストレートで分かりやすい良いネーミング。

それはさておき、給与の先払いは、現在の採用が難しい店舗・会社にとっては、人材を確保するための武器、サービスと言える。現在の経営環境では人、特に若い世代の確保が難しくなりつつある。特に外食産業ではその傾向は顕著だ。

経営側が潤沢な資金を有する場合、先払いしても、実はPL上の費用は影響を受けない。
資金は先に出ていくが、帳簿上は、費用の認識は、発生主義なので、特に「会計上の」「費用が増えたり」、「先に発生する」わけではない、というある種の会計上のテクニックが使われている。そのため、店舗側は、手数料は別として、コストを余り掛けずに従業員の待遇を良くすることができる。

現実問題として、日本では、年代が高いと所得・貯蓄が多く、若者ほど所得・貯蓄が低い傾向がある。
その日暮らしの助長という批判はあるにせよ、実際、貯蓄・キャッシュの少ない若者にとって、給与を前払してもらえるのはありがたいことだと言えるだろう。
少なくとも、高利率で借入れるよりは、給与の先払いの方が良いと言えるだろう。

また、支払いに介在するので、キャッシュフローが構造的にかなり必要なビジネスモデルのように思える。今回の7億円とかなり大きい調達だが、純粋な開発、スケールのための投資だけでなく、ビジネス自体にかなり資金が必要なサービスであり、アイディア・志と、テクノロジーにファイナンスがが合わさったことにより実現したサービスと言える。今後、従来だと、不可能だった額のエクイティ・ファイナンスができることで、可能になるサービスも増えていくことだろう。
カテゴリ 有望企業
関連タグ キャッシュレス化 サービス ペイミー 株式会社 福利厚生 給与 給与計算 調達 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

この記事のコメント

有望企業のピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
製造業向けインターネット・サービス提供の「アペルザ」が12億円調達
2019年7月31日、株式会社アペルザは、総額約12億円の資金調達を実施したことを発表しました。 メーカー横断で製品情報を検索できる製造業向けカタログ・ポー…
(2019/8/6)
クラッソーネが施主と解体⼯事会社のマッチング・一括見積りサービス「くらそうね」β版を提供開始
解体工事・外構工事の3社一括見積もりサービスを運営する株式会社クラッソーネが、新サービス「くらそうね」β版を8月1日より愛知県限定で提供開始しました。 「く…
(2019/8/2)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集

創業手帳冊子版(無料)