IP/コンテンツホルダーがウォレットや暗号資産不要でNFTを提供できるサービス「Stella」(α版)をリリース

tool

2022年5月18日、microverse株式会社は、「Stella(ステラ)」のα版をリリースしたことを発表しました。

「Stella」は、IP/コンテンツホルダーがウォレットや暗号資産不要で、ファンに向けてデジタルコンテンツ・NFTを簡単に販売/配布することができるサービスです。

今後、NFTホルダーだけが参加できるコミュニティ機能の提供、NFTに対する投票券付与など、NFTにユーティリティを持たせる機能を実装していく予定です。

NFT(Non-Fungible Token, 非代替性トークン)とは、ブロックチェーン技術を活用することにより、デジタルデータに唯一無二の資産的価値を付与する技術や、NFT技術を利用したデータのことです。

NFTが登場した当初はNFTアートなど投機の対象として話題を集めていましたが、NFTの広がりにより、クリエイターを応援するためなどの理由でカジュアルにNFTを購入・所有することも増えてきました。

インターネットの広がりは、多くのクリエイターの活動の幅を広げました。インターネット上だけで創作活動を行っているクリエイターも増え、デジタルな創作物・表現は身近な存在となっています。

しかし、インターネット上ではこういったクリエイターがマネタイズできるような仕組みの構築があまり進みませんでした。

理由としては、アマチュア活動によって無料で公開されている作品が多く、ユーザーがそれを中心に集まっていること、デジタルデータは複製・改竄が容易で海賊版が流通してしまうことなど様々なことが考えられます。

NFTはデジタルデータに価値を持たせることができるため、NFTを中心にプラットフォームを構築することができれば、以前までは収益を得ることが難しかったクリエイター・創作物でも収益を得られるようにできると注目されているのです。

一方でNFTの販売にはウォレットの構築といった複雑な作業が必要となるため、まだまだ気軽に参入するのが困難な領域となっています。microverseはこの課題を解決するため、手軽にNFTコンテンツを届けられるサービスの提供を行っています。

microverse株式会社のコメント

このニュースを受けまして、microverse株式会社よりコメントが届きました。

今回の新サービスの売りは何ですか?

ウォレットや暗号資産に馴染みのないファンに対し、デジタルコンテンツを簡単に販売/配布することができます。独自のスキームにより、事業者側も秘密鍵や暗号資産を自社で管理することなく、簡単にNFTの販売/配布を開始できます。

今後の展望を教えてください。

β版以降、NFTホルダーだけが入れるコミュニティ機能の提供や、NFTに対する投票権付与など、NFT自体にユーティリティを持たせる機能を追加実装していく予定でおります。NFTのマスアダプションに向けて、IP/コンテンツホルダー様と時代の針を進めていきます。

読者へのメッセージをお願いします。

2021年初期にNFT市場が勃興して以来、多数のNFTプロジェクトが立ち上がっています。しかしウォレットや暗号資産の管理、ガス代の支払い等、NFTの売買や送付等には一定のリテラシーが要求される状況は未だ改善されていません。

micorverseは、誰もがweb3.0の恩恵を受けられるようにする第一歩としてStella(ステラ)を開発しました。Stella(ステラ)の開発は、利用者様やその他ステークホルダー様の意見をお伺いしながらスピード感を持って進めて参ります。

Stella(ステラ)α版の利用をご希望の事業者様は、お気軽にお問い合わせください。

新たなビジネスの創出には資金が重要です。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 便利なサービス
関連タグ IP microverse NFT Stella ウォレット コミュニティ コンテンツ ステラ ファン 暗号資産 株式会社
詳細はこちら

ウォレットや暗号資産不要でNFTをファンに簡単に届けられるサービス「Stella(ステラ)」α版の提供開始

創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

便利なサービスの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

看護師向けメンタルサポートサービスを開発する「Plusbase」が資金調達
2022年5月9日、株式会社Plusbaseは、資金調達を実施したことを発表しました。 Plusbaseは、看護師向けメンタルサポートサービス「ナースビー(Nurse-be)」と、医療機関向けメンタル…
「ピーディーシー」がNFTアートマーケットプレイス「XYZA」を運営する「FRM」に出資
2022年6月8日、ピーディーシー株式会社は、株式会社FRMに出資を実施したことを発表しました。 FRMは、NFTアートマーケットプレイス「XYZA(エックスワイジーエー)」を2021年11月から運営…
採用DXサービス「harutaka」において面接品質を見える化するAI「harutaka インタビューアセスメント」が提供開始
2021年9月14日、株式会社ZENKIGENは、提供する「harutaka(ハルタカ)」において新たなサービス「harutaka インタビューアセスメント」の提供を開始したことを発表しました。 「h…
経営コンサルティング提供の「ライトアップ」と請求書買取の「OLTA」が業務提携
2019年12月26日、株式会社ライトアップは、OLTA株式会社と業務提携したことを発表しました。 これにより、全国の中小企業に向け、クラウドファクタリング・サービスの提供を開始します。 OLTAは、…
B2C事業者向けDXツール提供の「UPBOND」が1億円調達
2021年6月10日、株式会社UPBONDは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 B2C事業者向けの、顧客管理からアプローチまでを一元管理できるDXツール「UPBOND」の提供と、DX…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ