注目のスタートアップ

顧客体験管理を収益につなげる次世代型CXMツール提供の「KiZUKAI」が4.35億円調達

company

2022年6月27日、株式会社KiZUKAIは、総額4億3,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。

KiZUKAIは、次世代型CXMツール「KiZUKAI」を提供しています。

顧客体験を管理し収益につなげる施策運用を実現するためのツールです。

経営指標や顧客ステージの可視化、AIスコアリングによる示唆提供、ターゲットリスト管理、ターゲットのトラッキングにより、収益につなげるためのPDCAサイクルを回すことができます。

また、データ活用の課題を解決するため、顧客体験にまつわるプロセス全体を「KiZUKAI」で管理し、業務ごとにソリューションを提供しています。

今回の資金は、「KiZUKAI」の開発・採用・組織づくりのさらなる加速に充当します。

SaaSなどのサブスクリプションサービスでは、継続的に収益を確保するため、LTV(顧客生涯価値)という指標が重視されています。

LTVは、ひとりの顧客が企業と取引を開始してから、その取引をやめるまでの間に企業にどれだけの利益をもたらすのか、という指標です。

サブスクリプションサービスはサービスを利用している限り、月ごとなど定期的に支払いが生じるビジネスモデルです。

顧客にとっては、買い切り型のサービスよりも安価に利用でき、自分に合わなければすぐに解約できるというメリットが大きいため、広まり続けているビジネスモデルです。

また、企業にとっても毎月の収益が安定しますし、顧客と継続的に取引が続くため、サービス・プロダクトの改善に顧客の声を活かしやすいというメリットがあります。

一方で、サブスクリプションサービスでは、顧客に継続的に利用されなければ大きな収益を上げることはできません。

そのため、顧客との関係を良好に保ちLTVを最大化するため、顧客体験(CX, カスタマーエクスペリエンス)が重視されているのです。

「KiZUKAI」は、その顧客体験を管理し、収益につなげていくためのツールです。サブスクリプションビジネスにおいては欠かせない存在となっていく可能性があります。

創業期はなにもない状態からはじまるため、最新のシステムを導入するのにうってつけです。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI CX CXM KiZUKAI PDCA データ 株式会社 活用 管理 資金調達 顧客体験 顧客体験管理
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

貸付ファンドのマーケットプレイス「Funds」運営の「ファンズ」が「三井住友信託銀行」と資本業務提携
2020年10月15日、ファンズ株式会社は、三井住友信託銀行株式会社と資本業務提携契約に基づき、新たな事業展開を開始していくことを発表しました。 1円から貸付投資ができる貸付ファンドのマーケットプレイ…
血管を可視化できる光超音波3Dイメージング装置を開発・販売する「Luxonus」が2.3億円調達
2023年7月31日、株式会社Luxonusは、総額2億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Luxonusは、無被曝かつ造影剤を用いることなく血管を可視化する独自の光超音波3Dイメ…
ベンチャー・キャピタルの「Coral Capital」が追加投資専用ファンドを設立
2020年4月13日、株式会社Coral Capitalは、既存投資先スタートアップへの追加投資専用のグロース・ファンドを設立したことを発表しました。 追加投資専用のファンド「Coral Growth…
カイコのバイオ原料の供給と研究開発を行う「Morus」が5,000万円調達
2022年1月5日、Morus株式会社は、総額5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Morusは、カイコ(蚕)のバイオ原料の供給と研究開発を行うベンチャー企業です。 カイコの品種改良…
細胞の品質管理技術を手がける「Quastella」が資金調達
2023年10月19日、株式会社Quastellaは、資金調達を実施したことを発表しました。 また、愛知県のディープテック推進事業「Aichi Deeptech Launchpad」のアクセラレーショ…

大久保の視点

IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】