注目のスタートアップ

中国向け越境ECビジネスの「NEW ORDER」が資金調達

company

2022年5月9日、株式会社NEW ORDERは、ポールトゥウィンホールディングス株式会社から資金調達を実施したことを発表しました。

NEW ORDERは、中国向け越境ECビジネスや、日本商品開発コンサルティング事業、ライブコマース事業を展開しています。

今回の資金調達により、ポールトゥウィンホールディングスと共に、越境ECにおける受注業務、発送業務、カスタマーサポート業務体制を構築・強化し、事業シナジーや新規事業を創出していきます。

経済産業省が公表している「令和2年度産業経済研究委託事業(電子商取引に関する市場調査)」によると、中国消費者が日本事業者から購入した額は1兆9,499億円(前年比17.8%増)、米国消費者が日本事業者から購入した額は9,727億円(前年比7.7%増)となっており、今後も増加する見込みです。

中国の購入額は非常に大きく、またECの利用率も高いため、もし越境ECに参入することができれば大きな利益を得ることができるでしょう。また、海外展開を計画している企業としては越境ECは海外展開の入り口としても活用することができます。

越境ECは国内ECにはない注意点がいくつかあります。多言語対応・決済方法の充実はもちろんですが、国によって法律が違うこと、目的の国の市場の分析が必要なことなど様々な注意点があります。そのため越境ECに取り組むためには、海外の市場に詳しい事業の支援を受けることが肝心です。

株式会社NEW ORDERのコメント

このニュースを受けまして、株式会社NEW ORDERよりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

越境ECにおける受注業務、発送業務、カスタマーサポート業務体制をポールトゥウィンホールディングスと共に構築・強化。両社のノウハウやリソースを活かし、日本企業が苦戦している中国越境EC市場で起業連合体による「売れるチームづくり」を推進。

・今後の展望を教えてください。

現在イタリアで日本人オーナーシェフとして初のミシュラン一つ星を獲得した徳吉 洋二氏(イタリア・ミラノ在住 Ristorante TOKUYOSHI オーナーシェフ)と日本品質の独創的な缶詰商品を共同で開発しており、日本企業として日本食の素晴らしさ、美味しさをグローバルにお届けできる企業になるように取り組んでおります。

・読者へのメッセージをお願いします。

日本の素晴らしい食材を用いて製品を開発し、越境ECという手段を通じて中国や世界の皆様に日本食の素晴らしさをお届けしていきたいと考えております。農林水産業に従事される方、料理を造られる方(シェフ、料理人)を巻き込んだプロジェクトは外貨を貪欲に獲得するエンジンとなることで、弊社の取り組みは日本経済活性化の一助になれればと考えています。

プロダクトやサービスを開発したあとは売る方法を考えなくてはなりません。「冊子版創業手帳」では、ネット通販のはじめ方や、ネットでの集客ノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ EC NEW ORDER コンサルティング ポールトゥウィンホールディングス ライブコマース 中国 商品開発 株式会社 資金調達 越境EC
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

アバターの自動生成・編集システム「AVATARIUM」やNFT 3DCGマーケットプレイス「Pocket Collection」提供の「PocketRD」が4.5億円調達
2021年11月12日、株式会社PocketRDは、総額4億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 アバターの自動生成・編集システム「AVATARIUM」や、NFT 3DCGマーケット…
「資生堂」のIoTスキンケア・サービス・ブランド「Optune」が本格展開
株式会社資生堂は、「Optune(オプチューン)」の本格展開を、2019年7月1日(月)から開始することを発表しました。 「Optune」は、その日その時の肌環境に合わせて変わるパーソナライズ・スキン…
ウーマン・ウェルネス・ブランド「Ubu」展開の「MEDERI」が3,000万円調達
2020年7月31日、MEDERI株式会社は、総額3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 2020年3月にウーマン・ウェルネス・ブランド「Ubu(ウブ)」をローンチし、20〜30代の女…
会話サマリーAI電話「ピクポン」提供の「pickupon」が8,000万円調達
2020年10月21日、pickupon株式会社は、総額8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 会話サマリーAI電話「ピクポン」を開発・提供しています。 AIにより電話で話した内容のサ…
トータル・ボディケア・ブランド「I‘m La Floria」展開の「Mellia」が資金調達
2020年1月30日、Mellia株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 デリケート・ゾーン・ケアから始まるトータル・ボディケア・ブランド「アイム ラフロリア」を展開しています。 現在は、…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ