デジタルプラットフォーム上のトラブルを法的に解決するサービス「Teuchi for デジプラ」がローンチ

tool

2022年5月2日、ミドルマン株式会社は、「Teuchi for デジプラ」をローンチしたことを発表しました。

また、「Teuchi for デジプラ」は、株式会社タスカジが提供する家事代行マッチングサービス「タスカジ」に正式導入されたことも併せて発表しました。

「Teuchi for デジプラ」は、デジタルプラットフォーム上のトラブルを法的に解決する、デジタルプラットフォーマーへのサブスクリプションサービスです。

このサービスを導入することにより、デジタルプラットフォーム上でのBtoCやCtoC取引などで発生するトラブルを専門家の仲介によって法的に解決することが可能になります。

「Teuchi for デジプラ」が間に立つことにより、紛争当事者双方の本人確認を厳密に行いつつも、氏名・住所・メールアドレスなどの個人情報を相互に秘匿し、デジタルプラットフォーム上でのIDやニックネームのみで手続きを進めることが可能となっています。

今後、個人間の相対交渉をサポートするアルゴリズムを開発するため、タスカジと協力し実証実験を行います。

ミドルマンはほかに、専門家の仲介によって法的トラブルを解決するオンライン完結のサービス「Teuchi(テウチ)」、内部通報システム「dialogbox」、​「第三者委員オンライン」を提供しています。

生活や企業を経営する上でトラブルに見舞われることがあります。話し合いで解決できるトラブルであれば良いのですが、近年普及しているフリマアプリなど個人間の取引(CtoC)でのトラブルでは法的な解決が必要となることも多くあります。

しかし個人間取引は比較的小規模な金額の取引となることが多く、弁護士を介した紛争解決はコストや手続きにかかる時間に見合わないことがほとんどです。そのため多くの個人は泣き寝入りするしかないという状況にあります。

そのため裁判での解決以外に、より簡易・迅速に比較的低廉な費用で紛争を解決することを目指す、裁判外紛争解決(ADR, Alternative Dispute Resolution)が注目されています。

ADRは、専門の機関が裁判を通さずに和解の仲介や仲裁を行うものです。ADRは手続きが簡便・時間が短い・当事者同士の意向を尊重した解決を目指す・比較的低廉などを特徴としています。

また、政府は、リーガルアクセスを改善するため、ADRのオンライン化(ODR, Online Dispute Resolution)にスタートアップの参入を促す取り組みを行っています。

ODRはオンラインでの紛争解決を目指すため、ADRよりもさらに利便性が高く、またデジタルプラットフォームに組み込むことで、より安心して利用できるサービスを構築することが可能です。

ミドルマンは、このODRの社会実装のためにオンライン完結の紛争解決サービス「Teuchi」やデジタルプラットフォーム向け「Teuchi for デジプラ」を展開しています。

経営において、法律が関わってくる場面は多々あります。起業家だけでは判断できないこともあるので、弁護士に依頼することは重要です。「冊子版創業手帳」では、創業期から顧問弁護士を依頼するメリットについて専門家にインタビューしています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 便利なサービス
関連タグ ADR BtoC CtoC ODR Teuchi Teuchi for デジプラ デジタル トラブル プラットフォーム ミドルマン リーガルテック ローンチ 株式会社 紛争解決 裁判外紛争解決
詳細はこちら

ミドルマン、デジタルプラットフォーム上のトラブルを法的に解決する、新しい紛争解決サービス「Teuchi(テウチ) for デジプラ」をローンチ。家事代行マッチングサービスのタスカジが正式導入。

創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

便利なサービスの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

ブロックチェーン技術を活用したアニメ作品のデジタル・ブロマイド販売の「YUIMEX」が資金調達
2021年2月19日、株式会社YUIMEXは、資金調達を実施したことを発表しました。 ブロックチェーン技術による価値証明を活用した、アニメ作品のデジタル・ブロマイドをコレクションできるサービス「Ani…
「ビジマッチ」がワーケーション・メディア「TELETRA」をリリース
2020年12月10日、株式会社ビジマッチは、「TELETRA」をリリースしたことを発表しました。 「TELETRA(テレトラ)」は、仕事をしながら旅をする人をサポートするワーケーション・メディアです…
キャッシュレス決済連動型の栄養管理アプリ「SIRU+」運営の「シルタス」が5億円調達
2021年2月18日、シルタス株式会社は、総額約5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 キャッシュレス決済連動型の栄養管理アプリ「SIRU+(シルタス)」を運営しています。 キャッシュレス決済…
子供向けオンライン英会話スクール「GLOBAL CROWN」を運営の「ハグカム」が資金調達
2021年3月9日、株式会社ハグカムは、資金調達を実施したことを発表しました。 子供向けオンライン英会話スクール「GLOBAL CROWN」を運営しています。 独自のレッスン・メソッドである「夢中メソ…
シーン映像分析プラットフォーム提供の「RUN.EDGE」が資金調達
2021年10月4日、RUN.EDGE株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 シーン映像の検索・分析ができる、スポーツ映像分析プラットフォーム「FL-UX」を提供しています。 試合を見なが…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ