注目のスタートアップ

バーチャルカラオケSNS「topia」運営の「アンビリアル」が5.5億円調達

company

2022年4月21日、株式会社アンビリアルは、総額約5億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

アンビリアルは、バーチャルカラオケSNS「topia」を運営しています。

自分だけの3Dアバターを作ってフェイストラッキングによって動かし、ユーザー同士でリアルタイムなカラオケや雑談が楽しめるサービスです。

ファン・仲間からギフトアイテムを受け取ることで収益化することも可能です。

今後、機能強化や、コミュニティ運営の強化、楽曲を作るクリエイターやイラストレーターが参加でき自身のコンテンツを広める・収益化する・競争できるようなユーザー体験を提供する予定です。

今回の資金は、プロダクト開発や、マーケティングの拡大、組織体制の強化に充当します。

特に新型コロナウイルス感染症の流行による巣篭もり需要は大きく、YouTubeなどの動画コンテンツの伸びと連動するようにライブ配信市場も拡大しています。

ライブ配信とは、雑談、歌、ゲーム実況などをライブ配信することを指し、配信する人を配信者と呼びます。YouTubeではイラストや3Dモデルのアバターを利用したVTuberという新たなコンテンツが生まれ、大きなムーブメントとなっています、

ライブ配信ではYouTubeなどの動画配信プラットフォームの他に、スマートフォン向けの専用のライブ配信アプリがいくつも提供されています。それぞれ独自の方針で運営を行っており、有名人が配信を行っているプラットフォームなど様々なものがあります。

「topia」はその中でも、バーチャルアバターを作成でき、カラオケ配信ができるという特徴を持ったライブ配信プラットフォームです。

バーチャルアバターを利用することで、部屋が映ることを防止し、自身のなりたい容姿になることができるため、気軽にカラオケ配信を行うことができます。今後オリジナル楽曲なども強化していく方針であるため、独自のコミュニティとしてどのように発展していくのか注目が必要です。

動画は情報量が多いメディアとしてデジタルマーケティングにおいて注目されています。企業ではSNSでのライブ配信などをマーケティングに活用する事例も増えてきています。「冊子版創業手帳」では、創業期におけるSNSやインターネットを活用したマーケティング・ノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ 3D SNS topia アンビリアル イラストレーター カラオケ クリエイター コミュニティ コンポーザー バーチャル 作曲家 株式会社 資金調達 配信 配信者 音楽
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

難発現性タンパク質を大量生産できる生産プラットフォームを展開「KAICO」が資金調達
2020年5月26日、KAICO株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 九州大学のオリジナル・カイコを利用しカイコ・バキュロウイルス発現法により、生医療用研究試薬やワクチン、診断薬などの大…
終活支援サービス「追憶の木立」やVR事業展開の「CLASSIX」が1.6億円調達
2022年1月31日、CLASSIX株式会社は、総額1億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 メモリアルサロン「追憶の木立」や、VR(バーチャルリアリティ)事業を展開しています。 「…
心臓リハビリ治療用アプリなどを開発する「CaTe」が1億円調達
2022年3月10日、株式会社CaTeは、1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、Coral Capitalです。 CaTeは、外来心臓リハビリを自宅で行うことができる心臓リハビリ治…
米国を拠点とする植物工場スタートアップ「Oishii Farm」が55億円調達
2021年3月12日、Oishii Farmは、総額約55億円の資金調達を実施したことを発表しました。 日本人CEOが経営し米国を拠点とする植物工場スタートアップです。 独自開発の自動気象管理システム…
家具のサブスクリプション・サービス「airRoom」の運営元が1億円調達
2019年7月24日、株式会社Elalyは、総額約1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 家具・インテリアのサブスクリプション・サービス「airRoom」を運営しています。 人気家具ブランドの…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ