注目のスタートアップ

オンラインM&Aマッチングプラットフォーム運営の「M&Aクラウド」が10億円調達

company

2021年10月27日、株式会社M&Aクラウドは、総額約10億円の資金調達を実施したことを発表しました。

オンラインM&Aマッチングプラットフォーム「M&Aクラウド」を運営しています。

オンラインで買い手の情報を閲覧し、直接打診ができるM&A・資金調達のマッチングプラットフォームです。売り手の利用は無料です。

買い手企業ではいきなりM&Aを実施するのではなく、出資を通じてより効果的・効率的なM&Aを実施するという傾向が高まっているため、このニーズに対応できる新機能を実装しています。

今回の資金は、プラットフォームの開発の加速や、買い手企業の情報発信システムの構築、買い手企業に向けたサポート体制の充実のための施策に充当されます。

M&Aとは、合併と買収(Mergers and Acquisitions)の略語で、資本の移動を伴う企業の合併と買収のことを意味します。

1990年代、バブルの崩壊によって力があるにも関わらず経営不振に陥る企業が増加しました。

この企業に目をつけた海外企業は、M&Aという形で日本企業を積極的に買収するようになりました。

このことからM&Aは身売りというイメージがつきました。しかし近年は国内の企業同士のM&Aが増え、現実的な経営戦略のひとつとして定着してきています。

M&Aは様々な目的で実施されますが、事業継承、従業員の雇用・安定、イグジット(EXIT)が代表的な目的となるでしょう。

「M&Aクラウド」は主にイグジットや事業の成長を目的としたM&Aを支援するプラットフォームです。

近年では、スタートアップが株式の一部を大手企業に売却しグループ会社となり、大手企業のリソースを活用しながら事業を拡大させ、その後子会社として上場を目指すという「2段階イグジット」というM&A戦略もトレンドとなっています。

また、未上場スタートアップが自社事業を成長させるためにシナジーのある企業を買収するというM&Aも確認できます。

今後もM&A市場は堅調に伸びていくと考えられます。上手く活用しているスタートアップの事例を分析し、自社の戦略のひとつとしてみてもよいのではないでしょうか。

累計発行部数180万部を突破した起業ノウハウ集「創業手帳」には、資金調達に関する情報をまとめた別冊「資金調達手帳」もあります。ベンチャー企業の視点から、M&Aのメリットや成功パターンについて詳しく解説していますので、ぜひご活用ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ EXIT M&A M&Aクラウド イグジット マッチング 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

生分解性マグネシウム合金を利用した医療機器を開発する「メルフロンティア」が1.4億円調達
2020年10月16日、メルフロンティア株式会社は、総額約1億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 独自技術による生分解性マグネシウム合金を利用した、各種医療機器を開発しています。 …
VR/MRライブ映像配信の「アルファコード」が4億円調達
2019年9月27日、株式会社アルファコードは、総額4億円超の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先の1社である、NTT西日本とは、業務提携契約も締結しています。 アルファコードは、VR/MR…
顧客対応クラウド「Re:lation」提供の「インゲージ」が1.5億円調達
2020年8月31日、株式会社インゲージは、総額1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 メール・チャット・LINE・Twitterなど様々な問い合わせ情報の一元管理・社内共有を可能…
板金加工に特化した無料案件マッチングサービス「Mitsuri」がリリース
平成30年9月26日、株式会社Catallaxyは、「Mitsuri」を提供開始することを発表しました。 「Mitsuri」は、板金加工に特化した無料案件マッチングサービスです。 ロット数、予算感、希…
本人認証と権利移転のプラットフォーム運営の「ビットキー」が22億円調達
2019年10月7日、株式会社ビットキーは、総額22億円の資金調達を実施したことを発表しました。 本人認証と権利移転のプラットフォーム「bitkey platform(ビットキープラットフォーム)」を…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ