注目のスタートアップ

店舗のデジタル化/無人化支援サービス提供の「fixU」が8,000万円調達

company

2022年4月15日、株式会社fixUは、総額約8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

fixUは、店舗のデジタル化/無人化支援サービス「fixU(フィックスユー)」を提供しています。

無人化・省人化に特化した実店舗の運営を支援するサービスです。顧客管理・請求管理・決済を顧客に紐づけてワンストップで提供することで、実店舗運営を大幅に効率化します。

店舗の無人化支援では、スマートロックによる店舗のドアの解錠・施錠・管理や、利用時間に応じた従量課金(ドロップイン対応)、決済といった機能を提供しています。

これにより、空間さえあれば「fixU」を導入するだけで実店舗の運営が可能になります。

今回の資金は、システム開発、人材採用に充当されます。

小売業などでは人手不足が深刻化しており、省人化と顧客体験の向上を目的とした無人店舗の構想が進んでいます。特に新型コロナウイルスの流行は大きく、大企業以外でも店舗の無人化に向けて準備を進めているところは多いでしょう。

小売の無人店舗としては、2020年4月に高輪ゲートウェイ駅に開店した無人AI決済店舗「TOUCH TO GO」が大きな注目を集めました。しかし、コンビニのように多様な人びとや多様な商品を置く店舗は様々な検証やシステムが必要となるため、まだ実証実験段階にあるサービスも少なくありません。

ほかに無人店舗といえば、冷凍餃子の無人販売が全国的な拡大を見せています。品物を冷凍餃子に絞り価格を統一することで業務負担を減らし、決済については田舎の野菜の無人販売のように箱を設置するだけというこのモデルは、無人店舗においては大きな参考例のひとつでしょう。

また、スマートロックの広がりにより、コワーキングスペースといったスペース貸しのサービスにおいても無人化が実現されています。これまではコワーキングスペースを利用するにはカウンターでの手続きが必要だったため、深夜などで営業したい場合は人件費が多くかかりましたが、無人化によってその課題も解消されます。

無人化は単純な人件費の削減だけでなく、サービスの可能性を広げるものでもあります。今後、「fixU」のような無人化を支援するサービスの認知度が高まることで、さらに無人化を活用した店舗が増えていくと考えられます。

無人店舗には様々なICTが活用されています。企業においてもICTは様々な課題を解決してくれる可能性があります。「冊子版創業手帳」では、ICTの活用法について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ fixU デジタル化 フィックスユー 効率化 店舗 株式会社 無人化 無人店舗 省人化 資金調達 顧客管理
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

ナレッジ共有Saas「Qast」運営の「any」が8,000万円調達
2020年5月11日、any株式会社は、8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、HENNGE株式会社です。 社内のナレッジ共有ツール「Qast(キャスト)」を運営しています。…
優秀層就活支援サービス「レクミー」などの「リーディングマーク」が1.75億円調達
2019年9月19日、株式会社リーディングマークは、総額1億7,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 日本最大級の優秀層就活支援サービス「レクミー」や、無償の適性検査「キャリアベース」を…
顧客LTV最大化クラウド型SaaS「Discoveriez」提供の「ジーネクスト」が2.6億円調達
2020年11月25日、株式会社ジーネクストは、総額約2億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 顧客LTV最大化のためのクラウド型SaaSサービス「Discoveriez」を開発・提…
顧客の声の分析AIを提供する「レトリバ」と顧客対応をクラウド化する「ジーネクスト」が業務提携
2022年5月16日、株式会社レトリバは、株式会社ジーネクストと業務提携契約を締結したことを発表しました。 レトリバは、顧客の声の分析AI「YOSHINA」や、社内文書検索アプリケーション「TSUNA…
「日立ハイテク」と「しまね信用金庫」が業務提携
2020年10月14日、株式会社日立ハイテクは、しまね信用金庫と、ビジネスマッチング契約を締結したことを発表しました。 ビジネスマッチング契約とは、金融機関が自金庫の取引先企業をビジネスパートナーとし…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ