注目のスタートアップ

ファッションSNS運営の「SPRING OF FASHION」が3,000万円調達 コミュニティ型ウェブ接客ツールをリリース

company

2022年4月6日、株式会社SPRING OF FASHIONは、総額3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

SPRING OF FASHIONは、ファッションSNS「STYLISTA(スタイリスタ)」を運営しています。

“だれでもスタイリストになれる”を特徴に、自分で好きなコーディネートを提案することができ、そのコーディネートのアイテムが売れた場合、スタイリストに報酬が分配されるという仕組みを搭載したファッションSNSです。スタイリストになるには、申請を行い審査を通過する必要があります。

コーディネートは、InstagramなどのSNSと同様にスタイリスト自身が着用した画像を投稿できます。投稿したアイテムは「STYLISTA」上に登録されているアイテムと紐づけることが可能で、同じアイテムがない場合でも、類似アイテムを表示させることができます。

ほかにも、「STYLISTA」に投稿されているコーディネート・アイテム画像を選定(PICK)してコーディネートを提案することもできます。

また、ユーザーは好きなスタイリストにコーディネートの提案・相談ができ、スタイリストはその内容に沿って提案・販売を行うことも可能です。

2022年4月6日から、アパレル企業向けにコミュニティ型ウェブ接客ツールとしての機能を提供しています。

アパレル企業は「STYLISTA」を導入することで、自社ECサイトにユーザーからのコーディネート提案を受けつけることができる「相談する」ボタンを表示することが可能となります。ユーザーからの提案があった場合、「STYLISTA」に登録しているスタイリストが導入企業のアイテムをもとにコーディネートを提案するという仕組みです。

初期費用・月額利用料は無料で、売り上げ貢献度に応じた報酬のみを支払う、完全成果報酬制度を採用しています。

ファッションアイテムは自身の身体にフィットするサイズ感が重要です。そのためアパレル業界ではECがあまり普及していなかったのですが、オンライン試着など新たな技術の導入や、サイズ違いによる交換無料などの施策を打ち出すアパレルECの登場によりファッションECは堅調に成長しています。

特に新型コロナウイルスの影響は大きなものでした。店舗型ビジネスは客足が途絶え、事業を継続していくためにはECなどの新たな取り組みが必要となったのです。

ECでは店舗と違って顧客の相談などを即座に聞き、コーディネートを提案したりすることが困難です。そのため顧客情報を活用し、好みのアイテムをレコメンドしたり、新作情報・セール情報をメール・SNSなどで通知するというマーケティングが主となっています。

そんな中、Instagramなどのインフルエンサーが発信するコーディネートを参考にアイテムを購入するという人が大幅に増加してきています。また、比較的フォロワーの少ないユーザーであればDMなどでコーディネートの相談を受けつけてくれることもあります。このようなことから、個人の情報発信が影響力を持つようになってきていると考えられています。

「STYLISTA」は、こういったSNSでのコーディネートの提案・相談をシステムに組み込んだファッションSNSです。フォロワー数が500人といったマイクロインフルエンサーでも登録が可能であることを特徴としています。2021年3月のサービス開始から1年経過時点で、登録スタイリストが約2,000名を突破しています。

今回のリリースした機能は、アパレル企業のECから「STYLISTA」スタイリストの提案を受けられるようにするというものです。

ファッションECではスタイリストなどにコーディネートの提案ができるようなチャット機能などを搭載しているところもありますが、「STYLISTA」はプロのスタイリストやショップ店員ではなく、インフルエンサーなど個人を活用するところが特徴的です。

ファッションECが成熟していくにつれ、コーディネート提案などの付加価値の重要性が高まっていくことが考えられます。「STYLISTA」の今後に注目が必要です。

ECサイトはプロダクト販売のチャネルとして重要な存在です。ただ販売するだけでなく、企業・ブランドの価値観を発信するためのものとして活用することもできます。「冊子版創業手帳」では、創業期におけるECサイトの導入について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ EC SNS SPRING OF FASHION STYLISTA アイテム アパレル コーディネート コミュニティ スタイリスタ スタイリスト ファッション 提案 株式会社 相談 販売 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「X1Studio」が音声AI技術の「Aiello」と提携 ホテル専用スマートスピーカーを国内提供開始
2022年8月4日、X1Studio株式会社は、台湾のAiello Inc.と提携し、ホテル向けのスマートAIアシスタントの国内提供を開始したことを発表しました。 Aielloは、ホテル専用のスマート…
「Relic」提供のSaaS型クラウドファンディング・サイト構築サービス「CROWDFUNDING NETWORK Powered by ENjiNE」の導入数が累計100サイトを突破
2020年8月31日、株式会社Relicは、「CROWDFUNDING NETWORK Powered by ENjiNE」の導入数が累計100サイトを突破したことを発表しました。 「CROWDFUN…
特許評価AIシステム開発の「AI Samurai」が4.7億円調達
2019年7月31日、株式会社AI Samuraiは、総額約4億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 特許評価AIシステム「AI Samurai」の開発と、AI特許審査シミュレーショ…
ノーコードWeb制作ツール「STUDIO」クリエイターの案件マッチング/コミュニティ「STUDIO gather」がリリースへ
2022年1月20日、株式会社gazは、新サービス「STUDIO gather」のティザーサイトを公開したことを発表しました。 「STUDIO gather」は、STUDIO株式会社が提供するノーコー…
ファッション業界特化の求人サービスの「READY TO FASHION」が資金調達
平成29年9月25日、株式会社READY TO FASHIONは、資金調達を実施しました。 引受先は、SPA型ファッションECのネバーセイネバーと、パーソルホールディングスです。 また、パーソルキャリ…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ