注目のスタートアップ

ファッションSNS運営の「SPRING OF FASHION」が3,000万円調達 コミュニティ型ウェブ接客ツールをリリース

company

2022年4月6日、株式会社SPRING OF FASHIONは、総額3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

SPRING OF FASHIONは、ファッションSNS「STYLISTA(スタイリスタ)」を運営しています。

“だれでもスタイリストになれる”を特徴に、自分で好きなコーディネートを提案することができ、そのコーディネートのアイテムが売れた場合、スタイリストに報酬が分配されるという仕組みを搭載したファッションSNSです。スタイリストになるには、申請を行い審査を通過する必要があります。

コーディネートは、InstagramなどのSNSと同様にスタイリスト自身が着用した画像を投稿できます。投稿したアイテムは「STYLISTA」上に登録されているアイテムと紐づけることが可能で、同じアイテムがない場合でも、類似アイテムを表示させることができます。

ほかにも、「STYLISTA」に投稿されているコーディネート・アイテム画像を選定(PICK)してコーディネートを提案することもできます。

また、ユーザーは好きなスタイリストにコーディネートの提案・相談ができ、スタイリストはその内容に沿って提案・販売を行うことも可能です。

2022年4月6日から、アパレル企業向けにコミュニティ型ウェブ接客ツールとしての機能を提供しています。

アパレル企業は「STYLISTA」を導入することで、自社ECサイトにユーザーからのコーディネート提案を受けつけることができる「相談する」ボタンを表示することが可能となります。ユーザーからの提案があった場合、「STYLISTA」に登録しているスタイリストが導入企業のアイテムをもとにコーディネートを提案するという仕組みです。

初期費用・月額利用料は無料で、売り上げ貢献度に応じた報酬のみを支払う、完全成果報酬制度を採用しています。

ファッションアイテムは自身の身体にフィットするサイズ感が重要です。そのためアパレル業界ではECがあまり普及していなかったのですが、オンライン試着など新たな技術の導入や、サイズ違いによる交換無料などの施策を打ち出すアパレルECの登場によりファッションECは堅調に成長しています。

特に新型コロナウイルスの影響は大きなものでした。店舗型ビジネスは客足が途絶え、事業を継続していくためにはECなどの新たな取り組みが必要となったのです。

ECでは店舗と違って顧客の相談などを即座に聞き、コーディネートを提案したりすることが困難です。そのため顧客情報を活用し、好みのアイテムをレコメンドしたり、新作情報・セール情報をメール・SNSなどで通知するというマーケティングが主となっています。

そんな中、Instagramなどのインフルエンサーが発信するコーディネートを参考にアイテムを購入するという人が大幅に増加してきています。また、比較的フォロワーの少ないユーザーであればDMなどでコーディネートの相談を受けつけてくれることもあります。このようなことから、個人の情報発信が影響力を持つようになってきていると考えられています。

「STYLISTA」は、こういったSNSでのコーディネートの提案・相談をシステムに組み込んだファッションSNSです。フォロワー数が500人といったマイクロインフルエンサーでも登録が可能であることを特徴としています。2021年3月のサービス開始から1年経過時点で、登録スタイリストが約2,000名を突破しています。

今回のリリースした機能は、アパレル企業のECから「STYLISTA」スタイリストの提案を受けられるようにするというものです。

ファッションECではスタイリストなどにコーディネートの提案ができるようなチャット機能などを搭載しているところもありますが、「STYLISTA」はプロのスタイリストやショップ店員ではなく、インフルエンサーなど個人を活用するところが特徴的です。

ファッションECが成熟していくにつれ、コーディネート提案などの付加価値の重要性が高まっていくことが考えられます。「STYLISTA」の今後に注目が必要です。

ECサイトはプロダクト販売のチャネルとして重要な存在です。ただ販売するだけでなく、企業・ブランドの価値観を発信するためのものとして活用することもできます。「冊子版創業手帳」では、創業期におけるECサイトの導入について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ EC SNS SPRING OF FASHION STYLISTA アイテム アパレル コーディネート コミュニティ スタイリスタ スタイリスト ファッション 提案 株式会社 相談 販売 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

LINEアプリ開発サービス展開の「on」が資金調達 コンテンツプロバイダー事業展開の「DoersTokyo」と業務提携
2021年12月14日、on株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 また、DoersTokyo株式会社と業務提携契約を締結したこともあわせて発表しました。 onは、LINEアプリ受託開発事…
量子アニーリング研究開発ソリューション提供の「シグマアイ」が4億円調達
2019年12月3日、株式会社シグマアイは、総額約4億円の資金調達を実施したことを発表しました。 B2B向けに、量子アニーリング・マシンを活用した総合ソリューションを提供しています。 具体的には、量子…
法人キャッシュレス・ソリューション提供の「クラウドキャスト」が7.2億円調達
クラウドキャスト株式会社は、総額7億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 経費精算クラウドサービス「Staple (ステイプル)」や、法人プリペイドカード「Stapleカード」などを…
動画解析を活用した手術支援AI開発の「iMed Technologies」が1.7億円調達
2020年10月1日、株式会社iMed Technologiesは、総額1億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 脳梗塞・くも膜下出血に対する脳血管内手術の安全な手術を実現するため、…
ピッチイベント「IVS2021 LAUNCHPAD NASU」 決勝登壇者14名が決定
2021年11月12日、IVS株式会社は、ピッチイベント「IVS2021 LAUNCHPAD NASU」の登壇者14名が決定したことを発表しました。 「IVS2021 LAUNCHPAD NASU」は…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ