注目のスタートアップ

月極駐車場管理SaaS「Park Direct」運営の「ニーリー」が19.4億円調達

company

2022年4月6日、株式会社ニーリーは、総額19億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

ニーリーは、月極駐車場管理SaaS「Park Direct(パークダイレクト)」を運営しています。

月極駐車場の各種手続き(募集、申込対応、審査、契約手続き、賃料回収、収納代行、各種書面の発行、更新・解約、コールセンターによる問い合わせ対応)を、すべてオンラインで完結させ、月極駐車場の契約・管理を効率化するサービスです。

駐車場の借主向けには、空いている・空き待ち予約可能な月極駐車場を地図上から探すことができるオンライン契約サービスとして展開しています。

今回の資金は、事業領域やサービス拡大に向けた採用・組織強化、広告宣伝に充当されます。

また、今後、蓄積されたデータを活用し、電気自動車(BEV)の普及に向けた充電インフラの整備など、モビリティ領域の事業を拡大していく予定です。

月極駐車場の看板にオーナーや不動産会社の電話番号が掲載されていることを見かけた人は多いはずです。

一般的に月極駐車場を契約したい場合は、自分の候補地の周辺を歩いて月極駐車場を見つけて連絡先に電話するか、月極駐車場を取り扱う不動産会社に連絡するという手段がとられていました。そのため、月極駐車場を運営している側は集客が困難である、探す側は希望の月極駐車場を探すことに労力がかかるという課題が生じていたのです。

ニーリーの「Park Direct」は、この月極駐車場の契約・管理に関わる、貸主・借主双方の課題を解決するサービスです。オンライン契約を実現しているため借主はすぐに駐車場を借りることができますし、貸主は契約に関する業務を削減することが可能です。

とはいえ、既存の自動車は移動・輸送あたりのエネルギー消費量が非効率的であり、新たなモビリティへの転換が求められている最中でもあります。今後、自動車の保有台数は減少していくことが予測されており、それに伴い月極駐車場の需要も低下していくでしょう。

そのためニーリーは、今後需要が増加すると考えられるEVの充電インフラの整備など、新たな時代のモビリティ領域へも注力していく方針を明らかにしています。

プラットフォームビジネスでは、参画してくれる企業やサービスの多さがサービスの利便性に直結します。そのため営業活動が重要なのです。「冊子版創業手帳」では、創業期の営業活動を支援してくれるツールについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Park Direct オンライン契約 ニーリー パークダイレクト 不動産 効率化 契約 月極駐車場 株式会社 管理 資金調達 運営 駐車場
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

デジタル・クリエイティブ・スタジオ「Sun Asterisk」が10億円調達
2020年3月3日、株式会社Sun Asteriskは、総額10億円の資金調達を実施したことを発表しました。 国内外に総勢1,500名のエンジニア、デザイナー、戦略コンサルタントなどを抱える、デジタル…
人材紹介会社向け求人情報データベース運営の「ROXX」が3.7億円調達
2019年7月1日、株式会社ROXXは、総額約3億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、2019年7月1日に、社名を株式会社SCOUTERから株式会社ROXXに変更したことも併…
ミレニアル世代夫婦のお金の管理・貯金アプリ提供の「OsidOri」が5,500万円調達
2019年10月3日、株式会社OsidOriは、総額5,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 夫婦のお金の管理・貯金アプリ「OsidOri(オシドリ)」を提供しています。 利用者の約9割…
BtoB企業の新たなコミュニケーション手法を提供する「9seconds」が3.2億円調達
2022年3月24日、9seconds株式会社は、総額3億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 9secondsは、見込み顧客とインサイドセールスをワンクリックでつなぐクラウドサービ…
大学生・大学教員・大学職員限定のSNS「Union」運営の「Anlimited」が2,500万円調達
2022年4月20日、Anlimited株式会社は、総額2,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Anlimitedは、大学生・大学教員・大学職員限定のSNS「Union」を運営していま…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ