e-Tax接続障害に伴う令和3年分(2021年分)確定申告の期間延長申請について

tips

2022年3月15日、国税庁は、2022年3月14日に発生したe-Taxの接続障害について、断続的に障害が発生しており、いまだ障害原因が解明されていない状況であることを発表しました。

所得税、復興特別所得税、贈与税については3月15日が申告期限であるため、この障害により期限内の申告が不可能である人が出てきます。

国税庁は、そのような人は書面(郵送)での提出、もしくは、個別に申告期限を延長し後日提出することが可能であると公表しています。

申告期限を延長する場合は、申告期限を過ぎたあとのe-Taxでの申告時、「送信準備」画面の「特記事項」欄に「e-Tax の障害による申告・納付期限延長申請」と入力します。

また、会計ソフトから提出するケースもありますが、その際は、所得税の申告書等送信票(兼送付書)の特記事項欄に、「e-Tax の障害による申告・納付期限延長申請」と入力することで申請することができます。

e-Taxは、所得税や法人税など、国税に関するオンラインの手続きシステムです。個人事業主や起業家であれば多くの人が利用したことがあるでしょう。

今回、e-Taxにおいて3月14日という確定申告の期限ギリギリで接続障害が発生してしまいました。これにより、3月15日中にe-Taxでの申請を完了できなかった人もいるでしょう。

しかし、もちろんですがそのような人のための救済策(申請の延長)はすぐに発表されました。

延長の申請については、e-TaxのサイトにPDFが掲載されています。また、現時点では延長されるということだけ速やかに発表されています。延長される期間がどれほどかは後ほど発表されるようです。

また、オミクロン株の流行によって、2021年分(令和3年分)確定申告では、新型コロナウイルス感染症の影響により申告が困難な人は、申請期限を2022年4月15日までに延長できるようになっています。

様々なトラブルが重なっていますが、少なくとも2022年4月15日までは申請が延長されていますので、落ち着いて手続きを行うことが肝心です。

また、創業手帳では、「令和3年分 初めてでも分かる確定申告ガイド」を配布しています。

確定申告の全体の流れや、令和3年分の申請だからこそ知っておくべき情報について解説しています。

個人事業主やフリーランスの方はもちろん、法人社長もまずはこの確定申告ガイドで大まかな流れや注意点を押さえておくことができます。無料でご覧いただけますので、ぜひご活用ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ e-Tax 国税庁 延長 申請 確定申告 障害
詳細はこちら

e-Taxへの接続障害について(令和4年3月15日13時00分)

創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

【2月28日追記】政府、確定申告期限を延長する方針 新型コロナの影響受け、4月16日まで
新型コロナウィルスの感染拡大を受け、政府が確定申告の期間を延長する方針を固めました。 もともと所得税は3月16日、個人事業主の消費税は3月31日が申告期限でしたが、各紙の報道によると、これが4月16日…
仮想通貨の取引支援事業の「Aerial Partners」が1.8億円調達
2019年2月14日、株式会社Aerial Partnersは、総額約1億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 仮想通貨の損益計算ソフト「Gtax(ジータックス)」や、仮想通貨取引に…
高齢者認知症・軽度認知障害を早期検知するAIエンジン開発の「ジョージ・アンド・ショーン」が7,000万円調達
2021年7月7日、ジョージ・アンド・ショーン株式会社は、7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、西日本電信電話株式会社です。 ジョージ・アンド・ショーンは、ライフログを活用…
乳幼児向けインクルーシブブランド「IKOU」開発の「Halu」が1億円調達
2022年2月24日、株式会社Haluは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 障害のある子もない子も対象とする、乳幼児向けインクルーシブブランド「IKOU(イコウ)」を開発しています。…
シェアワーカーのための確定申告入門講座イベントが開催されました
昨今、「シェアリングエコノミー(シェアエコ)」というサービスが普及しています。シェアエコとは、活用可能な資産(場所・モノ・スキル等)と、それを使いたい個人等を結び付けるサービスです。例えば、カーシェア…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ