有名人からオリジナルボイスメッセージが届くアプリ「ONE RECO」がリリース

tips

2022年3月14日、Appright Entertainment株式会社は、「ONE RECO(ワンレコ)」をリリースしたことを発表しました。

「ONE RECO」は、声優・俳優・アイドル・ミュージシャンなど様々なタレントから、自分だけのオリジナルボイスメッセージが届くアプリです。

音声という気軽に録ることのできる媒体に限定することで、タレントの参入障壁を下げることを目的としています。

スマートフォンと動画プラットフォームの普及により、動画は非常に大きなコンテンツとなりました。

特にスマートフォンの普及は大きく、誰でも高解像度の動画の撮影が可能となったため、コミュニケーションの手段としても活用されています。

手軽に動画を撮影できる環境が整ったことで登場したサービスが、有名人などにビデオメッセージを依頼できるサービスです。

有名人側としても新たなファン層の獲得やファンとの交流として活用されており、ファンマーケティングが重要視されるに伴い注目が集まっているサービスです。

一方で、気軽に撮影できるとはいっても、編集されたクオリティの高い動画のほうがファンに喜ばれるというケースもあります。高品質な動画が競争力に関わってくることで、参入が困難になる有名人も出てくることが予想されます。

「ONE RECO」は、こういったメッセージサービスの領域において、音声メッセージに限定することで動画制作・編集といった参入障壁をなくし、気軽にファンと交流できるサービスを構築することを目指しています。

Appright Entertainment株式会社のコメント

このニュースを受けまして、Appright Entertainment株式会社よりコメントが届きました。

・今回の新サービスの売りは何ですか?

まず第一に、憧れの人が「自分のためだけ」にボイスを吹き込んでくれるという新しい体験ができることです。
ライブ配信などで「スパチャ(投げ銭)を行うと反応してもらえる」といったようなことは他の配信サービス等でもございましたが、「反応」というのもあったりなかったり、少し曖昧です。
自分のためだけに「イチから収録してくれる」というのはこれまでにない体験だと思います。

次に、タレントさん、ファンの方々双方にとってストレスなく気軽に使えるという点です。
動画/ライブ配信サービスは手軽と謳われているものの、動画の編集や配信の準備等にそれなりの手間がかかります。
タレントさんは1日に数時間と拘束されてしまうこともままあり、本業に影響してしまうこともあります。
更にある程度の視聴回数を稼いだり、ランキングで上位に入るなどしないと収益化が困難で、これから始める方のハードルを上げております。
ONE RECOではマイページの作成からボイス商品の設定まで、慣れれば10分も掛からず完了します。
そして一度設定すれば後はオファーを待つだけで、オファーへの対応も1件あたり5分程度と短く、ライブ配信とは異なりいつでも好きな時間帯にご対応いただけます。
また再生回数といった概念もなくオファーがあれば全て収益化されます。
本業への影響なく隙間時間を活用して、ファンの方と“ちょうど良い距離感で”コミュニケーションを楽しむことが可能です。

そして一方でファンの方にとっても、ライブ配信などとは異なる価値を提供できます。
ランキングやスパチャの額などを気にすることもなく、好きな時間にボイスを聞くことができ、そしてボイスを購入することが“推し”を応援することに繋がり、応援した証拠を集めていけます。

好きなモノ・コトが多様化する世の中で「自分の好きな人を直接応援」できて、ボイスメッセージという「はっきりとした見返りもある」サービスというのが、ONE RECOの特徴です。

・今後の展望を教えてください。

今後はご登録いただくタレントさまの人数、幅を拡大して参りたいです。
現在は特に相性が良いと捉えている声優、俳優、アイドルの方が中心ですが、ミュージシャンやスポーツ選手の方、VtuberやキャラクターIPなども含めて多種多様な方にご参加いただきたく考えております。

また、企業さまとのタイアップキャンペーンも積極的に企画して参ります。
ONE RECOにはキャンペーンに連動してボイスを配布できる機能がございますので、これを活用して新製品の集客や認知拡大などにご活用いただけます。

最後に、これは長期的な展望ですが「ボイスをコレクションする」という側面から、NFT(非代替性トークン)を活用して「自分のためだけのボイス」をより強固に感じられるようなサービス展開も視野に入れております。

・読者へのメッセージをお願いします。

One-to-One Recording、略してONE RECO(ワンレコ)です。ぜひサービス名を覚えていただけたら幸いです。
自分に向けられた「声」というのは思った以上に影響力があり、人の気持ちを変化させます。
コアとなる「自分のためだけのボイス収録」を武器に、周辺のコンテンツも随時拡大して参りますので、今後ともONE RECO をよろしくお願い申し上げます。

サービス公開直後はタイアップキャンペーンなども非常に優遇された条件で承っております。
お気軽にお問い合わせください。

ファンマーケティングは企業の価値を高めるためにも活用されています。このマーケティングはSNSでの情報発信やコミュニケーションが重要ではありますが、比較的コストがかからない方法であるため、創業期にも実施できるマーケティングのひとつです。「冊子版創業手帳」では、SNSの活用ノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ Appright Entertainment ONE RECO アプリ タレント ボイス メッセージ ワンレコ 有名人 株式会社 音声
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「トラストバンク」と「トヨタファイナンス」が地域活性化に向けたデジタル行政の取り組みにおいて業務提携
2020年10月5日、株式会社トラストバンクは、トヨタファイナンス株式会社と、業務提携契約を締結したことを発表しました。 トラストバンクは、デジタル地域通貨プラットフォームサービス「chiica(チー…
東京大学・松尾研究室発のAIコンサルティングファーム「StatHack」が資金調達
株式会社StatHackは、資金調達を実施したことを発表しました。 StatHackは、東京大学松尾研究室が開発したAIスタートアップ起業家育成プログラム「起業クエスト」の卒業1期生が創業したAIコン…
SaaS型のGoogleビジネスプロフィール運用サービス「Location Connect」など提供の「エフェクチュアル」が2億円調達
2022年3月31日、株式会社エフェクチュアルは、総額約2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 エフェクチュアルは、SaaS型のGoogleビジネスプロフィール運用サービス「Location …
「ケンタウロスワークス」が仮想通貨を用いた決済システム「SCPay」を開発
平成30年9月10日、株式会社ケンタウロスワークスは、Webアプリケーション「SCPay」を開発したことを発表しました。 「SCPay」は、仮想通貨(イーサリアム)による二者間の支払いを簡易に実現させ…
クラウドファンディング構築SaaS「ENjiNE」が経済産業省「IT導入補助金2021」の対象ツールに採択
2021年9月9日、株式会社Relicは、提供する「CROWDFUNDING NETWORK Powered by ENjiNE」が、「サービス等生産性向上IT導入支援事業費補助金(通称:IT導入補助…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ