注目のスタートアップ

国際宇宙ステーションに代わる宇宙環境利用プラットフォームを開発する「ElevationSpace」が3.1億円調達

company

2022年3月9日、株式会社ElevationSpaceは、総額約3億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

国際宇宙ステーション(ISS)に代わる宇宙環境利用プラットフォームとなる、小型宇宙利用・回収プラットフォーム「ELS-R」を開発しています。

小型人工衛星にペイロード(荷物)を搭載して打ち上げることで、宇宙にしか存在しない、長時間の微小重力環境を活用した研究・試験・製造などを行うことを目的としています。

人工衛星に載せて実験などを行ったペイロードは、運用終了後に地球で回収し、分析などに活用することができます。

技術実証機の打ち上げは、2023年後半を予定しています。宇宙での食糧・エネルギー源として、株式会社ユーグレナのミドリムシの培養実験を行う予定です。

ISSは、人間が滞在することができる宇宙で最大の人工衛星です。

これまでISSでは宇宙環境を活用した様々な実験などが行われてきましたが、利用できる国が限られていること、安全基準が高いこと、リソースが限られていることなどが理由で気軽に利用することはできません。

また、ISSは現状では運用期限が2030年までとなっているため、それ以降の宇宙環境利用についても考えなくてはいけません。

ElevationSpaceはこういったISS利用に関する課題を解決するため、小型宇宙利用・回収プラットフォーム「ELS-R」を開発しています。

「ELS-R」は、人工衛星を打ち上げ、人工衛星内で無人で宇宙実験や製造などを行うというものです。ISSよりも安く、簡単かつ素早く利用できることを特徴としています。

宇宙環境では、地上では得られないような素材を製造できることがわかっています。もしこういった新材料を手軽に作れるようになれば、様々な分野でブレイクスルーが起こる可能性があります。

スケールの大きなビジネスには、多くの資金が必要となります。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、ベンチャー・キャピタルから出資を受けるためのノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ ISS 国際宇宙ステーション 宇宙 宇宙ビジネス 実験 小型衛星 株式会社 衛星 試験 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「フィンプラネット」による確定拠出年金向けロボアドバイザー「fintsDC」が提供開始
2021年1月27日、株式会社フィンプラネットは、「fintsDC」のサービス提供を2021年1月から開始したことを発表しました。 「fintsDC」は、確定拠出年金制度における加入者の資産運用を支援…
日本酒メニュー作成システム運営の「SAKELOGY」が4,200万円調達
2019年6月26日、株式会社SAKLEOGYは、総額4,200万円の資金調達を実施したことを発表しました。 日本酒メニューの作成システム「SAKELOGY(サケロジー)」を開発・運営しています。 飲…
完全招待制プロ人材マッチング・サービス提供の「WUUZY」が2,500万円調達
2021年3月1日、株式会社WUUZYは、2,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、正式に「WUUZY(ウージー)」をリリースすることも発表しました。 「WUUZY」は、プロ人材に…
専門4誌と広告界の最新ニュースが読める法人向けサービス「宣伝会議オンラインニュース」がリリース
2022年1月6日、株式会社宣伝会議は、「宣伝会議オンラインニュース」(β版)の販売を2022年1月5日から開始したことを発表しました。 「宣伝会議オンラインニュース」は、宣伝会議が発行する月間専門誌…
アクセラレーター・プログラム「TOHOKU GROWTH Accelerator」が開催
2019年7月25日、株式会社MAKOTOキャピタルは、仙台市と共同で、「TOHOKU GROWTH Accelerator」を実施することを発表しました。 「TOHOKU GROWTH Accele…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ