注目のスタートアップ

最先端の創薬プラットフォームを駆使したネットワーク型創薬ベンチャーの「モジュラス」が23.4億円調達

company

2022年3月1日、モジュラス株式会社は、総額23億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

バイオロジーについての知見、最先端の計算科学を駆使した創薬プラットフォーム、グローバルなネットワーク型研究体制を統合し、薬効と安全性に優れた画期的な新規の臨床候補品を効率的に発見していくことを目的とした創薬ベンチャーです。

今回の資金は、ネットワーク型研究開発のさらなる加速、自社創薬研究プログラムの推進、事業会社・大学研究機関などとの共同研究の拡充、人材獲得を含めたグローバルな研究開発体制の強化に充当されます。

ネットワーク型創薬とは、大学研究機関や医薬品開発受託機関などと独自のネットワークを構築し、スピーディーかつ低コストな創薬(開発)を行うことを指します。

これまでの創薬では、新薬候補化合物の探索において有機合成の専門家の知見・経験に頼った実験が必要でした。

長い時間とコストがかかるプロセスなのですが、近年の計算科学技術の大幅な発展により、スーパーコンピューター上で新薬候補化合物の探索のシミュレーションが可能となり、スピードとコストの大幅な削減が実現されました。

また、これまで再現不可能だった体内の標的の動きなどもシミュレーションできるため、より高精度な探索が可能となりました。

ネットワーク型創薬では、こうしたコンピューター上で新薬候補化合物の探索を行い、有望な化合物の合成・検証などを外部に委託するというモデルを採用しています。

計算科学は創薬において救世主となる存在であり、今後もコンピューターを活用した創薬は大きく広がっていき、創薬に変革をもたらしていくことでしょう。

AIは研究開発だけでなく、ビジネス活動の効率化においても活用されています。AIを活用したツールは生産性を向上させてくれる可能性がありますので、積極的に導入を考えましょう。「冊子版創業手帳」では、社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。また、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期のシステム整備のメリットや注意点なども伺っていますので、こちらもご参考ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ ネットワーク型創薬 モジュラス 創薬 創薬プラットフォーム 株式会社 研究開発 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

PRしたい商品と施設をマッチングする「aircatalog」運営の「キャトル」が資金調達
2020年3月9日、キャトル株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 商品を使ってもらいたいメーカーと、社員・顧客の満足度を高めたい施設をマッチングするサービス「aircatalog(エアカ…
「第12回 Japan マーケティング Week【夏】」9月2日(水)から東京ビッグサイトで開催 マーケティング業界 日本最大級*の専門商談展
リード エグジビション ジャパン株式会社が主催する、「第12回 Japan マーケティング Week【夏】」が2020年9月2日(水)~4日(金)の3日間、東京ビッグサイトで開催されます。   本展は…
クラウド郵便サービス「atena」提供の「N-Technologies」が1.25億円調達
2022年3月25日、株式会社N-Technologiesは、総額1億2,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 N-Technologiesは、クラウド郵便サービス「atena(アテナ)…
コミュニティ型シェア・サロン運営の「GO TODAY SHAiRE SALON」が2.6億円調達
2019年8月22日、株式会社GO TODAY SHAiRE SALONは、総額約2億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 フリーランスの美容師や、チーム向けのコミュニティ型シェア・…
パブリック・ブロックチェーン「Plasm Network」の開発をリードする「Stake Technologies」が2.5億円調達
2021年2月9日、Stake Technologies Pte Ltdは、総額約2億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Stake Technologiesは、日本発のパブリック…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ