注目のスタートアップ

VR向けアバター販売・改変プラットフォーム開発の「ポリゴンテーラー」が資金調達

company

2022年2月21日、株式会社ポリゴンテーラーと、株式会社ポリゴンテーラーコンサルティングは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。

ポリゴンテーラーは、アバター販売・改変プラットフォーム「ポリゴンテーラー」(2022年春公開予定)を開発しています。

アバターのカスタマイズ技術を持つ人びとを“テーラー”という職業として定義し、スキルマッチングによって新たな経済圏を構築することを目的としています。

ポリゴンテーラーコンサルティングは、国内企業のメタバース参入支援事業を展開しています。企画の立案から、制作、プロモーションをワンストップで提供します。

また、3D・2D作品の展示と音楽祭が合わさったメタバースイベント「メタフェス」(2022年9月開催予定)など、イベント事業も手がける予定です。

Facebookがメタバース事業に注力していく姿勢を示すため、社名をMetaに変更しました。

このこともあり以前から注目されていたメタバースは、さらに注目されることとなり、様々な企業が参入の動きをみせています。

メタバース(Metaverse)とは、大雑把にいえばインターネット上に構築された仮想空間(VR空間)のことを指します。

主にVRゴーグルを装着してアクセスし、音楽などのイベントや、他ユーザーとのコミュニケーション、ゲームなどを楽しむことができます。

VR空間では自身を表象するためのアバター(依代)が必要となり、多くのユーザーは自身を表現するために自身の好きなアバターを利用しています。

多くのユーザーは、3Dモデラーなどのクリエイターにより作成されたものを購入したり、自分で作成することでアバターを入手しています。

また、自分の好きな見た目のアバターに、自分の好きな要素を足したり、改善したい部分がある場合、カスタマイズを施してくれるクリエイターに依頼することもよく行われています。

メタバースはインターネットの次世代の姿であるとも考えられています。将来的には現実空間を完全に代替、もしくは拡張するような仮想空間が構築され、身体による制限をなくし、人間の活動をさらに自由にするものになると予測されています。

そのような時代では、今我々がファッション製品を購入し着用しているように、アバターを購入・着用することが当たり前の行動になると考えられます。

最新の技術を活用した事業を展開する場合、事業の拡大のためにさらなる技術開発も必要となり、そのために資金を要します。「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に役立つ情報を掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ 3D 3Dモデル EC VR アバター イベント カスタマイズ コンサルティング プラットフォーム ポリゴンテーラー ポリゴンテーラーコンサルティング 改変 株式会社 販売 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

法人向けカーボンオフセットAPI開発の「Sustineri」が5,000万円調達
2021年10月20日、Sustineri株式会社は、5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 企業にサプライチェーン全体の知識がなくても、手軽にカーボンニュートラルにすることができるク…
VRライブ・プラットフォーム「VARK」運営の「ActEvolve」が資金調達
2020年3月4日、株式会社ActEvolveは、資金調達を実施したことを発表しました。 VRライブ・プラットフォーム「VARK」を運営しています。 バーチャル・アーティストのパフォーマンスを、自分が…
サスティナブル素材を使用したオリジナルグッズを企画・製造する「アイグッズ」が1億円調達
2021年12月14日、アイグッズ株式会社は、株式会社みずほ銀行が発行する社債「SDGsサポート私募債」を通じ、無担保で総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 アイグッズは、法人・行政機関…
アバター技術により人間を生身から解放する「AVITA」が設立 5.2億円を調達
2021年9月7日、AVITA株式会社は、総額5億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 人と関わるロボットやアバターの研究開発を行う石黒浩氏(大阪大学大学院基礎工学研究科教授)が設立…
「創業手帳」による頭と感情を整理するためのセミナー「朝活 ~頭と心の体操~」が開催 11/13
創業手帳株式会社は「朝活 ~頭と心の体操~」を2020年11月13日(金)に開催することを発表しました。 「朝活 ~頭と心の体操~」は、1分ごとに自分の感情や目標を書き出したり、他人に話をすることで、…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ