注目のスタートアップ

メンバーシップ制セカンドホームサービス「SANU 2nd Home」を手がける「Sanu」が70億円調達

company

2024年4月3日、株式会社Sanuは、総額70億円の資金調達を実施したことを発表しました。

この資金調達により、累計調達金額は120億円となりました。

Sanuは、メンバーシップ制セカンドホームサービス「SANU 2nd Home(サヌ セカンドホーム)」を運営しています。

自然の豊かな土地の別荘を利用する権利を月額制のサブスクリプション型と、購入金額330万円(年12泊・30年権利)の共同所有型で提供しています。

セカンドホームを特定多数のメンバーでシェアリングすることで利用を最大化し、またテクノロジーを活用することで運営を効率化し、低コストでの別荘の提供を実現しています。

ほかにも環境共生型のリジェネラティブな建築手法を採用していること、再生可能エネルギー100%を利用した電力供給なども特徴としています。

今回の資金調達により、2025年にかけて北海道ニセコから鹿児島奄美まで全国30拠点に拡大します。


これまでは、住宅における選択肢は購入か賃貸かの二者択一でしたが、最近では新たな選択肢としてサブスクリプションサービスが登場しています。

サブスクリプション型の住宅では、全国各地にある拠点で定額料金で住めるというビジネスモデルを提供し、住まいにとらわれないライフスタイルの実現に貢献しています。

Sanuが提供するのは、別荘(セカンドハウス)に特化したサブスクリプションサービスです。

主に都市部に居住する人びとを対象に設計されており、都市と地方の2つまたはそれ以上の拠点での生活(二拠点生活/多拠点生活)を実現するサービスです。

二拠点生活とは、都市と地方の両方に住むことで、仕事や趣味、家族や友人など、多様な価値観や人間関係を築くことを指します。

コロナ禍におけるテレワークの普及によって、どのような環境でも仕事を行うことが可能になり、都市に縛られる必要がなくなりました。これにより自然豊かな地方でリフレッシュしたり、地域の人びとと交流したりする、二拠点生活への関心が高まっています。

さらに、二拠点生活は地方における関係人口の創出にも注目されています。

関係人口とは、観光客以上で定住者未満の地域に関わる人々のことを指します。

従来の地方創生では移住者の獲得が重視されてきましたが、移住者獲得は他の地域との競争になりやすく、またハードルも高いため、最近では関係人口の創出が重要視されています。

事業の拡大には戦略的な資金調達やシナジーの見込める企業との提携が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウや、クラウドファンディングを成功させる方法などを紹介しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Sanu SANU 2nd Home サヌ セカンドホーム サブスク サブスクリプション セカンドホーム ライフスタイル 不動産 住宅 別荘 株式会社 自然 資金調達 都市
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

女性エンジニア向けプラットフォーム「sister」を運営する「bgrass」が資金調達
2023年6月6日、bgrass株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 bgrassは、女性エンジニア向けプラットフォーム「sister」の運営と、女性エンジニアとIT企業のマッチングサー…
クラウド録画サービス「セーフィー」が新型コロナ対策支援パッケージの無料提供を開始
2021年1月19日、セーフィー株式会社は、「Safie Pocket2(セーフィー ポケット2)」を2カ月間無料で利用できる新型コロナ対策支援パッケージの提供を開始したことを発表しました。 セーフィ…
医療機関向けスマートフォンサービス「日病モバイル」を提供する「フロンティア・フィールド」が「大塚製薬工場」から資金調達
2023年3月22日、株式会社フロンティア・フィールドは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社大塚製薬工場です。 フロンティア・フィールドは、医療機関向けスマートフォンサービス「…
「G-VIS」が資金調達 生成AIによるアニメ制作を決定
2023年11月7日、株式会社G-VISは、資金調達を実施したことを発表しました。 G-VISは、3DCGによる動画撮影と生成AI技術を活用し、短期間でのアニメ制作の実現を目指しています。 11月から…
フェムテック専門ECサイトの運営や法人へのフェムテック市場参入コンサルなどの「fermata」が2.1億円調達
2022年4月27日、fermata株式会社は、総額2億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 fermataは、フェムテック専門ECサイト「fermata store」の運営、商品に…

大久保の視点

「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
明治大学ビジコンで優勝&100万円獲得は宇宙ビジネスの蓮見大聖さん明治大学4年「AMATERAS SPACE」
2024年3月13日(木)に明治大学・御茶ノ水キャンパスで第2回明治ビジネスチャレンジ(明治ビジチャレ)が明治大学経営学部主催で行われました。 明治大学の各…
(2024/3/13)
Coral Capitalが虎ノ門ヒルズで「Startup Aquarium 2024」を開催。VCが大規模キャリアイベント
ベンチャーキャピタルのCoral Capitalが主催する「Startup Aquarium 2024」が2024年3月2日(土)に虎ノ門ヒルズで開催されま…
(2024/3/2)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】