注目のスタートアップ

最適なマッチングを実現する住宅取引プラットフォーム展開の「Buycull」が1.5億円調達

company

2022年1月25日、株式会社Buycullは、総額1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

最先端テクノロジーで最適なマッチングを実現する、住宅取引のためのハウスマッチングプラットフォーム「Byucull(バイカル)」を運営しています。

住宅取引の際には、売却側はすべてを不動産仲介会社に任せるしかないことや価格に対する交渉力がないこと、購入側はどの不動産仲介会社が最適なのかわからないことなどの課題がありました。

「Buycull」は、テクノロジーを活用することで、住宅の売却想定額の算出、最適な住宅購入者の発見、安心安全な取引を行うためのプロの不動産仲介会社のアサインを行うことで、家を買いたい人・家を売りたい人・不動産仲介会社の3者間の課題を解決することを目的としています。

今回の資金は、「Buycull」の開発、広告、サポート体制の拡充に充当されます。

不動産業界はデジタル化が進まないレガシー産業と呼ばれていました。

法律がからんでくる専門性や、柔軟な対応が必要となるなど業界特有のアナログな商習慣や業務フローがデジタル化を阻んでいました。

しかしコロナ禍によってDXの重要性が高まったことや、不動産テックにおいていくつもの革新的なサービスが登場したことによりデジタル化やDXが進んできています。

中古住宅市場については、新築住宅・マンションの価格が高騰していることなどを背景に上昇傾向にあります。

またリノベーションによって好きなように家を変えられる、という認識が広まったことも要因のひとつと考えられます。

従来まで中古住宅取引は不動産仲介会社が一手に引き受けていました。

情報も不透明であり、中古住宅を売買したい場合、不動産仲介会社から提示された金額が適切かどうかを判断することはできませんでした。

また不動産仲介会社にとっても、売り手・買い手双方の利益を最大化するために交渉を行わなくてはならず、大きな労力がかかる取引でもあります。

そこで近年はテクノロジーを活用することにより、中古住宅取引を透明化しようとする動きが出てきています。

国内中古住宅取引市場の活性化や、空き家問題の解決のためにも重要な取り組みであるため、今後さらに大きく広がっていくと考えられます。

起業にはオフィスが必要となります。しかし初めての起業の場合、どのようなオフィスを選べばいいのかわからないこともあるでしょう。「冊子版創業手帳」では、創業期におすすめするオフィスの形態について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ プラットフォーム マッチング 不動産 不動産仲介業 中古住宅 住宅 取引 株式会社 物件 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

地域ビジネスのための顧客データ収集・連携・活用プラットフォーム「Horai」提供の「scheme verge」が資金調達
2022年5月10日、scheme verge株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社サンケイビルと、三菱UFJキャピタル株式会社が運営するファンド(三菱UFJキャピタル…
「創業手帳」による美容業界向けオンライン・セミナー「初めての競合比較分析講座」が12/17に開催
:創業手帳株式会社は、「初めての競合比較分析講座」を2020年12月17日(木)に開催することを発表しました。 「初めての競合比較分析講座」は、美容業界向けに、誰でもすぐに始められるマーケティングの考…
バケーションレンタル事業の「トマルバ」が8300万円調達!
平成29年11月13日、株式会社トマルバは、総額8300万円の資金調達を実施したと発表しました。 京都を拠点として、一棟貸しゲストハウスに特化したバケーションレンタルの企画・運営・集客を行っています。…
次世代女子に特化した採用マッチング「CAREER BijiN(キャリア美人)」運営の「キャリア美人」が資金調達
2020年6月17日、キャリア美人株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 次世代女子に特化した採用マッチング・サービス「CAREER BijiN(キャリア美人)」を運営しています。 社会で…
宿泊施設向け基幹システム提供の「CUICIN」が「山口フィナンシャルグループ」子銀行の3行と連携し地域の宿泊・観光業DXを推進
CUICIN株式会社は、株式会社山口フィナンシャルグループの子銀行である、株式会社山口銀行・株式会社もみじ銀行・株式会社北九州銀行とビジネスマッチング契約を締結したことを発表しました。 また、山…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ