注目のスタートアップ

イヤホン型脳波計とニューロテクノロジーAIを開発する「VIE STYLE」が1.8億円調達

company

2022年1月13日、VIE STYLE株式会社は、総額約1億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

イヤホン型脳波計によって脳波を取得し、独自開発のAIエンジンによって集中道・ストレス・疲労などを解析する「VIE ZONE(ヴィーゾーン)」を開発しています。

音楽を用いて脳をチューニングすることで、ストレスの軽減やフロー状態に導くことも行います。

今回の資金は、ブレインテック領域での研究開発や、採用・組織体制の強化などに充当されます。

人類は1920年にはじめて脳波の測定に成功し、脳波に関する研究を進めてきました。

脳波を測定する脳波計は大掛かりな装置であり、研究機関や医療機関などでしか利用されていませんでしたが、脳波計開発が進展し精度向上・コストダウン・小型化が実現し、民間企業においても脳波の活用が進んできています。

脳波は人間の感情など可視化の難しい部分の可視化に活用されています。

たとえば睡眠時の状態を分析することで睡眠障害の改善に役立てたり、商品パッケージを見たときの脳波を分析することでパッケージデザインの善し悪しを判断したりなど、様々な活用がなされています。

VIE STYLEは、イヤホン型という超小型のデバイスによって日常的に利用できる環境を実現し、人間の生産性の向上に脳波を活用することを目指しています。

生産性の向上を課題として抱えている企業は多くあります。脳波という新たなアプローチがどのように浸透していくのか、注目が必要です。

研究開発型のビジネスでは豊富な資金が必要となります。「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI VIE STYLE VIE ZONE イヤホン デバイス ブレインテック 株式会社 脳波 脳波計 解析 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

コミュニケーションのAI解析「UpSighter」提供の「コグニティ」が1.9億円調達
2020年1月15日、コグニティ株式会社は、総額1億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 AIがトーク内容を自動解析し改善点を提示するサービス「UpSighter(アップ・サイター)…
ロボアドバイザーの「ウェルスナビ」と「中京銀行」が業務提携 ハイブリッド型投資一任サービス提供へ
2021年6月29日、ウェルスナビ株式会社は、株式会社中京銀行と、2021年6月17日付で業務提携契約を締結したことを発表しました。 ウェルスナビは、全自動の資産運用サービス(ロボアドバイザー)「We…
ラグジュアリーな美容製品を展開する「Kyogoku」が5,000万円調達
2021年12月17日、株式会社Kyogokuは、5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Kyogokuは、世界的なヘアコンテストであるInternational Visionary …
信頼でつながるキャリアSNS運営の「YOUTRUST」が4.5億円調達
2021年8月30日、株式会社YOUTRUSTは、総額4億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 信頼でつながるキャリアSNS「YOUTRUST」を運営しています。 つながりのある人か…
建築業マッチング・アプリ運営の「助太刀」と求人情報サイトなど運営の「エン・ジャパン」が業務提携
2020年12月2日、株式会社助太刀は、エン・ジャパン株式会社と業務提携を開始したことを発表しました。 助太刀は、建設現場で働くすべての⼈を⽀えるアプリ「助太⼑」のほか、建設業に特化した求人サービス「…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ