注目のスタートアップ

ベトナム人を中心としたITエンジニアを活用したラボ型開発事業を展開する「freecracy」がITエンジニア向けエージェントサービスなどを展開する「NKC ASIA」と資本業務提携

company

2022年9月28日、freecracy株式会社は、株式会社NKC ASIAと、資本業務提携契約を締結することを発表しました。

freecracyは、ベトナム人を中心とした50万人のエンジニアデータベースからスピーディにアサインし、最短1ヶ月でチーム構築を可能にするラボ型開発事業「Global Tech Hub」や、HRプラットフォーム「freeC」を展開しています。

NKC ASIAは、ITフリーランス向けのエージェントサービス「テックビズフリーランス」、開発支援事業、ITベンチャー投資などを展開しています。

優秀な日本人プロジェクトマネージャーや開発責任者の人材データベースを保有するNKC ASIAと提携し、プロジェクトのヒアリングから、人材の要件定義、スケジューリングから実行までを一気通貫でサポートします。

さまざまな産業でデジタル化やDXが推進され、ITエンジニアの需要が急激に高まっています。

しかし、経済産業省の「平成30年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備(IT人材等育成支援のための調査分析事業)」によると、2018年時点ですでに22万人のIT人材が不足しており、2030年には最大で約79万人が不足すると予測されています。

そのため、国内では海外のITエンジニアを適切に活用することが必要です。

また、ベトナムでは、主に日本の案件を受注することを目的としたITエンジニアを育成するIT企業もあるなど、外国企業も日本市場を意識する動きが出てきています。

freecracyは、ベトナムなど東南アジアの優秀なエンジニアを活用したラボ型開発サービスを提供しています。

ラボ型開発とは、外部のエンジニアチームを一定期間レンタルし、開発を行う委託開発手法の一種です。

通常の委託開発ではプロジェクト単位での契約となりますが、ラボ型開発は期間を定めて契約し、その間は自社のチームとして扱えるという特徴があります。

海外のITエンジニアに依頼した場合は、国内と比較して人件費が安くすむというメリットがあります。

一方で、海外のITエンジニアに依頼する場合は、細かいコミュニケーションなどで問題が起きてしまう可能性もあるため、日本人プロジェクトマネージャーなど企業と海外チームの橋渡し役を据えることが重要です。

創業期はさまざまなリソースが不足しているため、戦略的にアウトソーシングを活用することが成長の秘訣です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、アウトソーシングの導入方法や、外注の活用法について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ freecracy IT ITエンジニア NKC ASIA エージェント エンジニア データベース フリーランス ベトナム ラボ型開発 株式会社 海外 資本業務提携
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

ビジネス・チャット・ツールの「Chatwork」が東証マザーズに上場へ
2019年8月15日、Chatwork株式会社は、株式会社東京証券取引所より、東京証券取引所マザーズ市場への新規上場を承認されたことを発表しました。 上場⽇は2019年9⽉24⽇(火)を予定しています…
ライブ配信をブラウザ上でデザインできるツール「スコラボ」提供の「luco」が資金調達
2021年12月22日、株式会社lucoは、資金調達を実施したことを発表しました。 ライブ配信をブラウザ上でデザインできるツール「スコラボ」を提供しています。 配信準備の効率化、配信画面の作成支援、配…
サプリメント製造・販売の「麻田製薬」が資金調達
2020年3月26日、株式会社麻田製薬は、資金調達を実施したことを発表しました。 サプリメントの製造・販売を行っています。 今回の資金は、サプリメントの商品開発の推進に充当されます。
集金業務のキャッシュレス化・DXの「エンペイ」が4億円調達
2021年4月1日、株式会社エンペイは、総額4億円の資金調達を実施したことを発表しました。 保育園・こども園・幼稚園・学校・塾・習い事教室などに特化した集金業務支援サービス「enpay(エンペイ)」を…
ベトナムでフードデリバリーサービス「Capichi」などを展開する「Capichi」が7,000万円調達
2022年11月1日、株式会社Capichiは、総額約7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Capichiは、ベトナムで、フードデリバリーサービス「Capichi」と飲食店モバイルオ…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ