注目のスタートアップ

遠隔ICUサポートサービス提供の「T-ICU」が5.7億円調達

company

2021年12月28日、株式会社T-ICUは、総額5億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

重症患者診療現場向けの遠隔相談サービス「リリーヴ」や、ICU・一般病棟向け遠隔モニタリングシステム「クロスバイ」を提供しています。

「リリーヴ」は、集中治療医・集中ケア認定看護師が、24時間対応で重症患者診療の現場をサポートする相談サービスです。

集中治療医が不足している病院において、医療スタッフの不安に寄り添い、最新の知見と豊富な経験でサポートすることを目的としています。

ICU(集中治療室)は、生命の危機にある急性の重症患者に対し、効果的かつ集中的な医療・看護を行う特別な病室のことです。

ICUでは、様々な高度な知識・技術を持つ専門医師である集中治療医と、そのパートナーとなる専門の知識・技術を持った集中ケア認定看護師といった人材が必要となります。

しかし日本の集中治療医は2021年4月時点で約2,200名ほどしかいません。海外と比べ日本のICUのレベルは高いものの、人数が少なく、ICUベッド数も少ないことも、今回の新型コロナウイルスパンデミックで明らかになりました。

集中治療医人数とICUベッド数が少ないと、パンデミックや災害などによって通常のキャパシティーを超えて重症患者が押し寄せた場合に、救命率の低下や命の選別が迫られるといった課題を生みます。

この脆弱な医療提供体制を改善するためには、集中治療医人数とICUベッド数共に増やすことが必要ですが、集中治療医は専門的な技術が求められるため、単純に人数を増やすということは困難です。

そこで考えられているのが、遠隔ICUというシステムです。

ICU・医療スタッフと遠隔地にいる専門的な医療チームがビデオ通話などでつながり、集中治療のサポートを行うというコンセプトです。

遠隔ICUでは、現場の医療スタッフと遠隔医療チームとの信頼関係の構築や、情報の伝達システムの構築、遠隔ICUスタッフの確保など様々な課題がありますが、国内の医療の質の向上のために重要なシステムであり、推進・普及が期待されています。

社会課題を解決するビジネスは、ビジネスとして成立させるためにハードルがあることも少なくなく、継続的な資金を必要とする企業もあるでしょう。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ ICU クロスバイ サービス サポート システム モニタリング リリーヴ 医師 医療 株式会社 治療 現場 病院 相談 診療 資金調達 遠隔 集中ケア認定看護師 集中治療医
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

コミュニティ運営を円滑にするスマホ・アプリ展開の「KOU」が資金調達
2019年5月8日、株式会社KOUが、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社アカツキです。 また、社外取締役としてアカツキの代表取締役CEOである塩田元規氏が参画したことを併せて発…
プロジェクト・マッチング・プラットフォーム「TEAMKIT」など運営の「Lbose」が資金調達
2020年3月24日、株式会社Lboseは、資金調達を実施したことを発表しました。 プロジェクト・マッチング・プラットフォーム「TEAMKIT(チームキット)」や、オンライン開発チーム「ATTEND …
オンライン住宅ローン・サービス「モゲチェック」提供の「MFS」が6.5億円調達
2021年3月31日、株式会社MFSは、総額6億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 オンライン住宅ローン・サービス「モゲチェック」を運営しています。 過去4,000件以上の審査結果…
手術支援ロボットを開発する「F.MED」が資金調達
2022年4月11日、F.MED株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 F.MEDは、福岡県ロボット・システム産業振興会議と国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)の補助事業により…
月々の生活費からCO2排出量を計算する「家計炭素簿_α版」 無料提供が開始
2022年5月12日、株式会社テックシンカーは、「家計炭素簿_α版」をリリースしたことを発表しました。 「家計炭素簿_α版」は、月々の生活費を入力することで、月間の支出額とCO2排出量、年間の支出額と…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ