注目のスタートアップ

倉庫シェアリングサービス運営の「souco」が4億円調達

company

2021年12月23日、株式会社soucoは、総額4億円の資金調達を実施したことを発表しました。

倉庫のシェアリングサービス「souco」を運営しています。

物流施設・倉庫の空きスペースを抱える企業と、季節波動(物流波動)などによってスペースを必要とする企業をマッチングし、倉庫の空きスペースの利用の促進に取り組んでいます。

倉庫シェアリングとしてだけでなく、輸送の手配も可能な物流サービスへの成長を目指しています。

今回の資金は、「souco」のさらなるサービスの強化・拡充に充当されます。

アパレル業界などには季節によって商品の取扱量が変わる、季節波動という特徴があります。

また季節波動以外にも、サプライチェーンの問題や、天候、紛争・感染症といった世界的な問題によって左右されます。

物流は、年間を通じて流通量・保管料に変化が生じるため、物流コストを最小限にするためには保管スペースなどをフレキシブルに調整する必要があります。

自社倉庫を持つことで柔軟な対応が可能となりますが、自社倉庫は保管スペースを最大化することは難しく、また急な需要増によって空きスペースがなくなってしまったり、新たな倉庫に移転する際にコストがかかってしまう、といった課題が生じてしまいます。

soucoは、全国の倉庫の遊休スペースと、保管需要をマッチングすることにより、こういった課題の解決に取り組んでいます。

日本では物流の標準化やパレット化が進んでいないことから、倉庫シェアリングの普及速度は遅くなっています。

しかし新型コロナウイルス感染症の流行によって、物流・サプライチェーンの課題が顕在化し、改善のための取り組みが加速しているため、今後一気に普及する可能性があります。

効率化はどの企業でも大きな課題となっています。創業期は最新のシステムを導入できる機会でもあるため、効果的なシステム・ツールを選定・導入するとよいでしょう。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ souco サービス シェアリング 倉庫 株式会社 物流 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

名刺管理の「Sansan」が非接触でのイベント受付を可能にする無人名刺受付システム「Smart 受付」を発表
2021年6月22日、Sansan株式会社は、無人名刺受付システム「Smart 受付」を同日から提供開始したことを発表しました。 「Smart 受付」は、セミナー・展示会などのイベントにおける受付業務…
小売店・ブランド向けオンラインマーケットプレイス運営の「homula」が1億円調達
2021年5月31日、株式会社homulaは、総額約1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 小売店やブランド向けに、卸売・仕入れが行えるオンラインマーケットプレイス「homula」を運営してい…
IoT/AI遠隔点検クラウド・サービス「LiLz Gauge」運営の「LiLz」が2.5億円調達
2021年2月9日、LiLz株式会社は、約2億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 IoT/遠隔点検クラウド・サービス「LiLz Gauge(リルズゲージ)」を開発・提供しています。…
創造的プログラミングアプリ「Springin’」開発の「しくみデザイン」が3億円調達
2021年7月30日、株式会社しくみデザインは、総額3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 創造的プログラミングアプリ「Springin’(スプリンギン)」を開発しています。 文字を使うことな…
プロ人材特化マッチングサービスの「みらいワークス」が「福邦銀行」と業務提携
2021年7月19日、株式会社みらいワークスは、株式会社福邦銀行と業務提携契約を締結したことを発表しました。 みらいワークスは、プロフェッショナル人材に特化した以下のような人材サービスを展開しています…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ