脳卒中後の運動障害の治療実現を目指す「Connect」が2.1億円調達

company

2020年11月9日、Connect株式会社は、総額2億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

脳卒中の発症後における重度の運動障害を治療するための、ブレイン・マシン・インターフェース(BMI)技術を応用した脳と麻痺部位をつなぐ神経回路の再構築を促す医療機器を開発しています。

BMI技術は、脳活動の検出や脳への電気刺激などを実現する、脳と機械を直接つなぐ技術を指します。

今回の資金は、脳波キャップやロボット・モジュールの研究開発の加速、医療機器承認取得のための製品仕様策定、量産体制の構築、人材採用に充当されます。

BMI技術は、神経科学・情報科学・工学技術の進歩によりこの10数年で急速に発達しています。この技術は、運動障害の治療だけでなく、脳から直接取得した情報を使った双方向のコミュニケーションや、脳情報による人工義手やパワー・アシスト・スーツの操作、脳情報による広告や新商品の評価など、幅広い分野への活用が見込まれています。

研究開発系のビジネスにとって資金の量は事業の成長にとって非常に重要です。「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ CONNECT リハビリ 医療機器 技術 株式会社 研究開発 脳卒中 資金調達 運動障害 開発

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「H.I.S. Impact Finance」が「あおぞら銀行」と上限50億円の融資コミットメント契約を締結
2020年1月7日、​H.I.S. Impact Finance株式会社は、株式会社あおぞら銀行と、50億円を上限とする融資コミットメントライン契約を締結したことを発表しました。 H.I.S. Imp…
ロボティクス・プラットフォーム提供の「Rapyuta Robotics」が物流ソリューションの「モノフル」と資本業務提携
2020年2月17日、Rapyuta Robotics株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 また、日本GLP株式会社のグループ会社である株式会社モノフルと資本業務提携し、物流施設の自動化…
動画によるマネジメント支援サービス提供の「ClipLine」が5億円調達
2020年9月4日、ClipLine株式会社は、総額5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 動画で組織実行力を高めるマネジメント支援サービス「ClipLine」を提供しています。 動画により、…
研究開発型創薬ベンチャーの「アークメディスン」が2.6億円調達
2019年10月28日、Beyond Next Ventures株式会社は、株式会社アークメディスンが総額約2.6億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、Beyond Next Ven…
法人キャッシュレス・ソリューション提供の「クラウドキャスト」が7.2億円調達
クラウドキャスト株式会社は、総額7億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 経費精算クラウドサービス「Staple (ステイプル)」や、法人プリペイドカード「Stapleカード」などを…

大久保の視点

デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ