不整地における作業負担軽減や効率化に取り組むハードウェアスタートアップの「CuboRex」が7,500万円調達

company

2021年11月4日、株式会社CuboRexは、総額約7,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。

ねこ車電動化キット「E-cat kit」や、電動クローラーユニット「CuGo」を開発・提供しています。

「E-cat kit」は、農家や土木事業者が利用する一輪車(ねこ車・手押し車)を電動化する電動タイヤキットです。

手持ちの一輪車のタイヤ部分を「E-cat kit」に取り替え、付属のレバーを取りつけるだけで簡単に電動化することができます。

「CuGo」は、テスト機などを簡単に制作できるテスト用電動クローラー(キャタピラ)ユニットです。

たとえばこのユニットにカゴを取りつけるだけで収穫サポートロボットをつくることができます。

CuboRexは、これら電動化キットやユニットの提供により、不整地(農地や建築現場などの凸凹のある土地)での作業負担軽減や効率化に取り組んでいます。

今回の資金は、サービスロボットの研究・開発体制の拡充や、既存ソリューションの市場拡大・体制強化などに充当されます。

旅行などで電車に乗ると、日本は山ばかりだなという印象を抱くと思います。じっさい山地は日本の国土の約6割を占める地形であり、丘陵地も含めると全体の7割を山・丘が占めていることになります。

日本ではこの山が多く平地が少ないという土地の特性から、山で行われる農業も相対的に多くなっています。

山の近くと山間の農業地域のことを中山間地域と呼びます。この中山間地域における農業は、全国の耕地面積の約4割、総農家数の約4割を占めており、日本の農業のなかで重要な位置を占めています。

この中山間地域の問題はやはり平坦な土地が少なく高低差が激しいことであり、このような土地での農業を効率化するためには、中山間地域向けの農業機器やロボットが必要となることは想像に難くありません。

みかん畑や茶畑などで運搬用の農業用モノレールがよく利用されていることも、中山間地域での農業が大変であることをあらわしています。

しかし農業用モノレールは非常に高価なものであるため、小・中規模の農家の場合はそのような機械は利用できず、いわゆるねこ車を手で押して農作物を運搬しているという状況にあります。

平地であれば農作物を積載したねこ車であっても押すことはできますが、坂になるととたんに厳しくなります。

女性・高齢者にとってはさらに厳しいため、運搬できる範囲まで積載量を落とすことになり、効率が下がってしまいます。

そのため電動アシスト付きのねこ車のニーズが高いのですが、このような中山間地域などの不整地では特殊な形状のねこ車を利用していることが多く、オーダーするとなると高価になってしまいます。

「E-cat kit」はタイヤを取り替え付属のレバーを取りつけるだけで手持ちのねこ車を電動化できるため、みかん専用のねこ車などであっても電動化することができます。

みかんの一大産地である和歌山のJAありだと直接取引を行うなどの実績をあげているCuboRexのプロダクトは、今後中山間地域といった不整地での作業の効率化に大きく貢献していくことでしょう。

ロボットの開発に潤沢な資金が必要となります。シリーズ発行累計150万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ CuboRex CuGo E-cat kit ねこ車 ハードウェア ロボット 効率化 土木 建築 建設 株式会社 資金調達 農業 電動化
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

葬儀周辺サービス提供の「よりそう」が20億円調達
2019年9月2日、株式会社よりそうは、総額20億円の資金調達を実施したことを発表しました。 一律プランの葬儀サービス「よりそうのお葬式」や、僧侶手配サービス「お坊さん便」を提供しています。 今回の資…
クラウド・キッチンの「X Kitchen」が5,000万円調達
2019年12月27日、株式会社X Kitchenは、総額約5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 1キッチンで複数のデリバリー・ブランドを展開するクラウド・キッチン事業を展開していま…
卓球プロ・チーム「琉球アスティーダ」が「MTG Ventures」などから資金調達
琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、MTG Venturesや、テック起業、エンジェル投資家などです。 琉球アスティーダスポーツクラブは、卓球プ…
海外スタートアップに特化した情報プラットフォーム運営の「Zuva」が8,000万円調達
2019年10月16日、Zuva株式会社は、約8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、早稲田大学提携VCであるウエルインベストメントです。 海外スタートアップに特化した情報プ…
メディア向け無料音声化プラットフォーム提供の「ロボットスタート」が資金調達
2020年2月7日、ロボットスタート株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 メディア向け無料音声化・音声広告配信ネットワーク・プラットフォーム「Audiostart」を運営しています。 こ…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ