注目のスタートアップ

訪問看護ステーション「ホウカンTOKYO」展開の「ハノン・ケアシステム」が1億円調達

company

2021年12月24日、ハノン・ケアシステム株式会社は、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。

訪問看護ステーション「ホウカンTOKYO」の展開と、訪問看護専門電子カルテ「Hanon」の開発を行っています。

「ホウカンTOKYO」は、事務業務を集約・標準化したオペレーションセンターで対応し、看護師に看護業務に集中できる環境を提供することで、質の向上と効率化を実現している訪問看護サービスです。

今回の資金は、訪問看護専門電子カルテ「Hanon」の開発体制の強化や、「ホウカンTOKYO」の新規開設・拡大に充当されます。

訪問看護とは、看護師が看護を必要とする人の自宅に赴き、病気・障害に応じた看護を行うことです。

2013年の訪問看護の利用者数は約12.4万人でしたが、2017年には約22.2万人と大きく増加しています。

訪問看護ステーションの事業所数も増加しており、一般社団法人全国訪問看護事業協会の資料によると、2021年4月時点で全国に13,003箇所が稼働しています。

高齢者の増加によって、住み慣れた自宅で過ごしたいと考える高齢者も増加するため、訪問看護の需要も高まっていくことが予測されます。

また、厚生労働省の資料「在宅医療・介護の推進について」(2012年)によると、自宅で療養をしたいと考える高齢者は約6割存在し、また要介護状態になっても、自宅での介護を希望する人が4割を超えています。

そのため、訪問看護ステーションでは、看護の質の向上と効率化を両立する取り組みの重要性が高まっています。

特にICTの活用は必須であると考えられており、様々なベンチャー企業がこの領域の課題解決に取り組んでいます。

医療・介護業界以外においても業務効率化は大きな課題となっています。創業期は最新のシステムを導入しやすい時期であるため、効果的なものを選定し導入するとよいでしょう。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Hanon ホウカンTOKYO 株式会社 看護 看護師 訪問 資金調達 電子カルテ
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

家具・インテリア・家電サブスクリプション・サービス運営の「クラス」が2億円調達
2019年12月18日、株式会社クラスは、総額約2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 家具・インテリア・家電のサブスクリプション・サービス「CLAS(クラス)」を運営しています。 月額400…
「クラウドワークス」が提供する複業マッチングサービス「クラウドリンクス」においてマッチング費用が無料になるキャンペーンが開始
2020年4月9日、株式会社クラウドワークスは、「クラウドリンクス(CrowdLinks)」において、スタートアップ企業を対象に、次回の資金調達までマッチング費用20万円が何度でも無料となる「スタート…
「創業手帳」による美容業界向けオンライン・セミナー「初めての競合比較分析講座」が1/18に開催
創業手帳株式会社は、「初めての競合比較分析講座」を2021年1月18日(月)に開催することを発表しました。 「初めての競合比較分析講座」は、美容業界向けに、誰でもすぐに始められるマーケティングの考え方…
ECプラットフォーム「STORES」運営の「ストアーズ・ドット・ジェーピー」と「京都信用金庫」が業務提携
2020年10月14日、ストアーズ・ドット・ジェーピー株式会社は、京都信用金庫と業務提携を開始したことを発表しました。 ストアーズ・ドット・ジェーピーは、ネットショップ作成サービス「STORES」を運…
調剤薬局向け次世代電子薬歴システム提供の「カケハシ」が資金調達
2019年12月18日、株式会社カケハシは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、PHC株式会社です。 調剤薬局向けの次世代電子薬歴システム「Musubi」を提供する、医療系スタートアップ…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ