注目のスタートアップ

温浴施設向けOMOツールなど提供の「Habitat」が1億円調達 完全予約制のサウナ施設の建設を開始

company

2021年12月21日、Habitat株式会社は、総額約1億円の資金調達を実施したことを発表しました。

サウナ・温浴施設向けOMOツール「habitat」を提供しています。

顧客ごとの入退出の計測と決済金額を自動で分析し、店舗における顧客グループごとのLTVの計測とそれに伴うCRMの設計を提案するサービスです。

このツールを導入することで、従来の温浴施設でも簡単に会員制サブスクリプションサービスの提供を開始することができます。

また、OMOツールの提供だけでなく、サウナ事業にも取り組む予定です。

サウナ事業としては、完全個室型リラクゼーションエリア、サウナ室、温湯、複数種類の水風呂を完備した最大利用者数6名のサウナ温浴施設の建築を開始し、東京23区内にオープンする予定です。

今回の資金は、サウナ事業への設備投資や、オフライン店舗サービス向けOMOツールの開発に充当されます。

近年サウナは、取り上げるメディアの増加や、サウナを題材とした漫画やエッセイなどが多数登場し、多くの人びとの目に触れる機会が増えました。

サウナブームにあると伝えるメディアも多いのですが、一般社団法人日本サウナ・温冷浴総合研究所の『日本のサウナ実態調査』によると、サウナ愛好家人口は大きな変化はないようです。

しかしSNSの普及によってサウナ愛好家たちによる情報発信が増えたことからサウナの認知度は向上しており、都市部において若者を意識したサウナ施設が多数建設されています。

また、新型コロナウイルス感染症の流行もあり、個室型サウナや会員制のような混雑しない施設も登場しています。

サウナは血流を良くし健康増進につながるという研究結果が出ています。ストレスの軽減や美的効果もあるとされています。

近年の健康意識の高まりもあるため、今後サウナは様々な世代に広がっていくことが予測されます。

心身の状態は仕事をするために重要です。また、人を雇う場合、自分だけはなく従業員の状態も管理しなくてはなりません。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「総務手帳」では、ストレスチェック実施のノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ CAVE CRM Habitat LTV OMO サウナ ツール リラクゼーション 施設 株式会社 温浴施設 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

介護事業所向けリハビリSaaS「リハプラン」運営の「Rehab for JAPAN」が1.6億円調達
2020年2月3日、株式会社Rehab for JAPANは、総額約1億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 介護事業所向けリハビリSaaS「リハプラン」を開発・提供しています。 機…
定額制サービス・プラットフォーム「always」運営の「イジゲン」が2.5億円調達
イジゲン株式会社は、総額約2億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 定額サービスを通じて、お店とユーザーをマッチングする、ショッピング・モール型のサービス「always(オールウェイ…
DX支援などの「レッドジャーニー」と総合ITサービス企業の「TIS」が業務提携
2020年10月16日、株式会社レッドジャーニーは、TIS株式会社と業務提携したことを発表しました。 レッドジャーニーは、DX支援事業や、DX人材教育事業、新規事業・新規プロダクト開発支援事業などを展…
「メルカリ」が物流サービスの企画・開発・運営を行う新規子会社「メルロジ」を設立
2021年10月28日、株式会社メルカリは、100%子会社として株式会社メルロジを設立し、新規事業を開始することを決議したことを発表しました。 メルロジは、物流サービスの企画・開発・運営を行うことを目…
“匂い”のAI・IoTソリューション提供の「レボーン」が資金調達
2020年10月7日、株式会社レボーンは、資金調達を実施したことを発表しました。 独自の技術で開発した匂いセンサーとAIにより、匂いの可視化や、官能評価の単一化など、様々な“匂い”ソリューションの提供…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ