注目のスタートアップ

特定技能外国人受入企業の申請・管理業務をサポートするクラウドサービス「SMILEVISA」提供の「CROSLAN」が3,000万円調達

company

2021年12月15日、株式会社CROSLANは、総額3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

特定技能外国人を受け入れる企業の申請・管理業務をサポートするクラウドサービス「SMILEVISA(スマイルビザ)」を開発・提供しています。

質問に答えるだけで受け入れ要件を判定できる機能や、申請フローの提案機能、書類のプレビュー・編集機能、受け入れ以降の定期報告・相談・定期面談の管理機能などにより、特定技能外国人の受け入れをサポートします。

今後リリース予定の人材マッチングサービスとあわせることで、外国人労働者受入に関するすべての業務をカバーできるようになります。

今回の資金は、人材の強化や、体制構築、「SMILEVISA」の正式版の開発・リリースに充当されます。

2021年11月8日、政府は新型コロナウイルス感染症の水際対策について緩和を実施しました。

この緩和によりこれまで認められていなかった、外国人のビジネス関係者・留学生・技能実習生の新規入国が認められるようになりました。

しかし、今般のオミクロン株の世界的な流行により日本は水際対策を大幅に強化し、2021年12月31日まで外国人の新規入国は認められなくなりました。

人手不足対策として外国人材の活用は重要なことのひとつです。

新型コロナウイルス感染症については先の読めない感染状況が続いており、外国人材を活用したい企業にとっては苦しい状態が長引いています。

しかし新型コロナはいつかは収束するはずであり、外国人労働者市場も回復するはずです。

外国人労働者の採用にあたっては、注意しなくてはならない事項がいくつもあります。

そのため、ノウハウのない企業は外国人の受け入れに関する手続きや管理を外部に依頼することになります。

しかし外部に委託するとなるとその分コストがかかってしまいます。

また機密情報を外部に知らせることにもなりますし、外国人材と直接コミュニケーションをとることが難しくなります。

そのため、ノウハウのない企業においても自社で直接外国人材を管理したいというニーズが高まっています。

人材の採用は、企業の成長にとって重要です。しかし創業期の人材採用は大きな投資のため失敗ができません。「冊子版創業手帳」では、創業期における人材採用のノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ CROSLAN SMILEVISA スマイルビザ 人材 外国人 株式会社 特定技能外国人 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

エンジニア採用サービス「Findy」がエンジニアの対外発信力を数値化する新機能をリリース
2020年12月23日、ファインディ株式会社は、「Findy」において新機能「発信力レベル」をリリースしたことを発表しました。 「Findy」は、ハイスキルなエンジニアと企業をマッチングする転職サービ…
「ボケて」「TVer」など開発の「bravesoft」が4億円調達 イベント管理プラットフォーム「eventos」の機能拡充へ
2020年3月26日、bravesoft株式会社は、総額約4億円の資金調達を実施したことを発表しました。 スマートフォン黎明期からアプリの開発を行い、「ボケて」や「TVer」など、800件以上のアプリ…
障害者雇用コンサルティング事業展開の「アクティベートラボ」が資金調達
2020年2月17日、株式会社アクティベートラボは、資金調達を実施したことを発表しました。 身体障害者が障害部位で繋がるSNS「OpenGate」運営や、障害者雇用コンサルティング事業を展開しています…
画像解析と3Dプリンタによるオーダー・メイド・インソールなどの「ジャパンヘルスケア」が1,100万円調達
株式会社ジャパンヘルスケアは、総額約1,100万円の資金調達の実施を発表しました。 AIによる写真解析と3Dプリンタを活用したオーダー・メイド・インソール「HOCO(ホコウ)」を開発しています。 スマ…
デジタル上に人生の最期に伝えたいメッセージを遺し届けることができる「lastmessage」提供の「パズルリング」が1.6億円調達
2021年11月1日、株式会社パズルリングは、総額約1億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 デジタル上に人生の最期に伝えたいメッセージを遺し届けることができる「lastmessag…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ