注目のスタートアップ

高度な蓄電池制御技術を保有する「NExT-e Solutions」が「大阪ガス」と資本業務提携

company

2022年9月14日、NExT-e Solutions株式会社は、大阪ガス株式会社と、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。

NExT-e Solutionsは、独自の蓄電池の制御技術(BMS:Battery Management System)を有しています。

BMSの主な機能は、電池セルを安全に使用するための充放電の制御機能、充電残量の算出機能、直列接続された電池セルの充電残量を平均化するバランシング(均等化)機能です。

NExT-e Solutionsが開発・提供する独自のBMSは、通常のBMSの機能に加え、多直列された複数の電池セルを1つの電池であるかのように制御できる「ACB(アクティブ・セルバランス)」、直列電池において、モジュール間での電圧・容量のズレを補正する技術「AMB(アクティブ・モジュールバランス)」、並列接続された複数の電池パックにおいてそれぞれの電圧を管理し、各電池パックの使用可能電圧範囲のみの接続と、使用不可能電圧範囲の切り離しを可能にする「IHS(インテリジェント・ホットプラグ・スイッチ)」を備えています。

大阪ガスとの連携により、大阪ガス敷地内で、EVとフォークリフトから回収したリユース蓄電池と新品の蓄電池を用いた蓄電池システムを構築する実証実験を実施します。

NExT-eSの制御技術に加え、大阪ガス100%子会社であるKRIの劣化診断技術を活用し、劣化状況が異なる蓄電池を組み合わせて運転した際の、リユース蓄電池の有効性を検証します。

カーボンフリーな社会の実現のため、新たなエネルギー基盤としての蓄電池の需要が高まり続けています。

一方で、現状の技術では蓄電池の水平リサイクル(蓄電池から蓄電池へのリサイクル)は難しく、世界中で水平リサイクルの手法が研究開発されています。

そのため、EV(電気自動車)などから排出される使用済み蓄電池を無駄にしないためには、リユースするための仕組みが求められています。

しかし、使用済み蓄電池の再使用時には、劣化状態が異なる蓄電池を組み合わせて使用すると、もっとも利用可能量が低い蓄電池に引っ張られてしまうという課題があります。

NExT-e Solutionsは、このような蓄電池を組み合わせて使用する際の課題を解決するため、独自のBMSを開発・提供しています。

家庭や企業で太陽光発電を導入する際、需要と供給のバランスを保ち、安定的な電力系統を確立するには蓄電池が必要となります。

しかし蓄電池は高価な設備であることから、太陽光発電の導入を見送る人が多いことが課題となっています。

リユース蓄電池が普及することで蓄電池の低コスト化が実現するため、太陽光発電システムの導入も進むと考えられています。

自社とシナジーのある企業との協業・提携が実現できれば、両社のビジネスの成長につながりますし、競合との差別化にもつながるでしょう。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、人脈を広げる方法や、商工会議所の活用方法など、販路拡大や提携先をみつけるためのノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Battery Management System BMS NExT-e Solutions バッテリー リチウムイオン電池 制御技術 大阪ガス 株式会社 蓄電池 資本業務提携 電池
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

日本語教育機関向けオンライン学習プラットフォーム運営の「Saola」が資金調達
2020年7月27日、株式会社Saolaは、資金調達を実施したことを発表しました。 日本語教育機関向けオンライン学習プラットフォーム「Saola」を開発・提供しています。 授業計画の配信や、オンライン…
「ヘイ」が店舗アプリ作成サービス「STORES ブランドアプリ」を提供開始
2022年7月7日、ヘイ株式会社は、「STORES ブランドアプリ(ストアーズブランドアプリ)」の提供を開始することを発表しました。 ヘイは、ネットショップ作成サービス「STORES」や、ネットショッ…
宿泊ギフトサービス「StayGift」提供の「トリピ」が1,200万円調達
2022年2月24日、株式会社トリピは、1,200万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、2021年10月28日には、総額3,800万円の資金調達を実施しています。 トリピは、宿泊ギフトサ…
調剤薬局向け次世代電子薬歴システム提供の「カケハシ」が資金調達
2019年12月18日、株式会社カケハシは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、PHC株式会社です。 調剤薬局向けの次世代電子薬歴システム「Musubi」を提供する、医療系スタートアップ…
オーダーメイドによるAI・人工知能ソリューション「カスタムAI」を開発・提供する「Laboro.AI」が4社から出資を受け入れ
2022年9月14日、株式会社Laboro.AIは、日本ガイシ株式会社・三井化学株式会社・株式会社ゼンリン・株式会社SCREENホールディングスの4社による出資を受け入れたことを発表しました。 Lab…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ