注目のスタートアップ

デジタルパス発行・管理サービス提供の「KINCHAKU」が「近鉄ベンチャーパートナーズ」から資金調達

company

2021年12月9日、株式会社KINCHAKUは、資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、近鉄ベンチャーパートナーズ株式会社です。

デジタルパス発行・管理サービス「KINCHAKU(キンチャク)」を提供しています。

iOSとAndroidの標準アプリであるApple WalletとGoogle Payで管理できるウォレットパス(デジタルパス)の発行から、運用・分析をワンストップで行えるサービスです。

発行可能なウォレットパスには、スタンプカード・クーポン・会員証・引換券・回数券・サブスクパス・チケットがあります。

また、キャッシュレス決済にも対応しているため、レジ業務の効率化や、利用履歴から顧客ごとのプロモーションを行うことができます。

近鉄との連携では、観光地型MaaSの開発や、交通のDX、現場のアナログ業務の効率化を目指します。

今回の資金は、プロダクト・事業開発の加速や、人材・R&Dに充当されます。

iOSやAndroidにはそれぞれ、Apple WalletとGoogle Payというウォレットアプリが標準的にインストールされています。

これらアプリではクレジットカードを登録することによりキャッシュレス決済を利用できたり、飛行機や映画のチケット、ポイントカードの管理などを行うことができます。

このアプリが搭載された当初は、店舗・顧客双方に大きなメリットがあるため、会員証やポイントカードのデジタル化が大きく進むと見られました。

しかしウォレットアプリの認知度が低かったことや、アプリに会員証・ポイントカードを登録するのが難しい顧客がいること、個人経営の店舗などではデジタル化が難しかったことなどから、現状では紙のカードのみか、デジタルのカードと併用する店舗が多くなっています。

デジタルパスは、顧客のスマートフォンにプッシュ通知などによってプロモーションを行うことができるため、紙のカードよりも効果が高いと考えられます。

また顧客データを取得できるため、デジタルマーケティングにも活用することができます。

小規模店舗においても効果を発揮する施策であるため、「KINCHAKU」など様々なサービスを比較し、自店舗に合ったものを選定するとよいでしょう。

プロダクトの販売のためには、PRやマーケティングが重要です。「冊子版創業手帳」では、創業期でも行えるネットを活用したPRノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Apple Wallet Google Pay KINCHAKU ウォレットパス キャッシュレス決済 クーポン サービス デジタル・マーケティング デジタルパス 株式会社 発行 管理 資金調達 近鉄
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

ケア・プラン作成支援AI「ケアプランアシスタント」開発などの「ウェルモ」が15.7億円調達
2020年3月26日、株式会社ウェルモは、総額15億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、東京電力パワーグリット株式会社などです。東京電力パワーグリットとは、業務提携契約を…
デイサービス向けリハビリ業務支援SaaS「リハプラン」運営の「Rehab for JAPAN」が7億円調達
2021年5月24日、株式会社Rehab for JAPANは、総額7億円の資金調達を実施したことを発表しました。 デイサービス向けリハビリ業務支援SaaS「リハプラン」を運営しています。 要介護者の…
将来予測型ピープル・アナリティクス・サービス提供の「トランス」が5,000万円調達
株式会社トランスは、総額約5,000万円の資金調達を発表しました。 将来予測型ピープル・アナリティクス・サービス「TRANS.HR(トランスエイチアール)」(β版)を提供しています。 人材採用において…
子供向けSTEAM教材開発の「ワンダーラボ」が2.5億円調達
2020年7月29日、ワンダーラボ株式会社は、2億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社小学館です。 ワンダーラボは、STEAM教育領域において、思考力育成アプリ「…
VR/AR/MR領域に対するプロダクトの企画・開発の「Synamon」が2.5億円調達
株式会社Synamonは、総額約2億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、引受先の1社でもある、AI翻訳の株式会社ロゼッタとは資本業務提携も実施し、グローバル・ユビキタスなオフ…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ