単層カーボンナノチューブを提供する「名城ナノカーボン」が「関西電力グループ」と資本業務提携

tips

2022年5月31日、関西電力株式会社は、関電グループの子会社・合同会社K4 Venturesを通じ、株式会社名城ナノカーボンに出資を行い、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。

名城ナノカーボンは、単層カーボンナノチューブの提供などを行っています。

高純度の単層カーボンナノチューブを製造できる独自技術を有しており、この技術により製造された単層カーボンナノチューブは、他社製品より最大で100倍の導電性を保持しています。

また、国内で製造されている単層カーボンナノチューブのうち、唯一半導体性を有しています。

関西電力グループとの提携により、単層カーボンナノチューブの大量生産・加工体制の確立、単層カーボンナノチューブの水素事業や蓄電池事業への活用などを行います。

単層カーボンナノチューブとは、単層のグラフェンが円筒状に丸まった物質のことです。

グラフェンとは、炭素原子が六角形の格子構造で結びついたシート状の物質で、グラフェンに関する研究は2010年のノーベル物理学賞を受賞しています。

グラフェンは、ダイヤモンドよりも結びつきが強く、平面ではダイヤモンドよりも強固な物質と考えられており、さらに電気の伝導率は銀より高く、熱の伝導率は銅の10倍とすさまじい数値を誇っています。

こういった特性から夢の新素材と呼ばれることもあり、高速トランジスタ、タッチパネル、太陽電池向けの透明伝導膜、電気配線、革新的な電池の素材など、様々な可能性が期待されています。

単層カーボンナノチューブもこのグラフェンの特徴である電気伝導性や熱伝導性を有しており、さらに円柱状になったことで引っ張られる力にも強くなっています。

この性質から、ありとあらゆる領域での活用が考えられており、安価な量産体制の確立が期待されています。

特に関西電力グループは、単層カーボンナノチューブの応用先として、リチウムイオン電池の高性能化(高容量化・急速充放電の実現)や、水素製造で必要となる水電解装置の効率の向上などに期待を寄せています。

研究開発には多くの資金が必要となります。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなどを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ CNT グラフェン リチウムイオン電池 単層カーボンナノチューブ 合同会社K4 Ventures 名城ナノカーボン 技術 株式会社 炭素 炭素素材 素材 資本業務提携 関西電力
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

地域情報サイト「まいぷれ」運営の「フューチャーリンクネットワーク」が「まいぷれ金沢・野々市」を新規オープン
2020年10月5日、株式会社フューチャーリンクネットワークは、「まいぷれ金沢・野々市」を2020年10月1日にオープンしたことを発表しました。 「まいぷれ金沢・野々市」は、石川県金沢市・野々市市のイ…
オンライン・スキー・レッスン「JAPAN-DEMOSKI.com」とスキーの自動撮影システム「ゲレロク」が提携
2021年1月28日、合同会社SPARK OUTLANDSは、株式会社TOSYSと業務提携を開始したことを発表しました。 SPARK OUTLANDSは、日本最高峰の講師陣によるプライベート・レッスン…
自治体のDXを推進する「ガバナンステクノロジーズ」が5,500万円調達
2021年9月24日、株式会社ガバナンステクノロジーズは、総額5,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 自治体の課題を解決するため、自治体とともに課題の抽出から、解決方法の提案、妥当性の…
スポット・コンサル・サービス提供の「ビザスク」が社外役員マッチング「ビザスクboard」をリリース
2020年12月21日、株式会社ビザスクは、「ビザスクboard」を提供開始することを発表しました。 「ビザスクboard」は、企業に対して適切な社外取締役や社外監査役を完全成功報酬型でマッチングする…
受取請求書の自動処理サービス「sweeep」提供の「オートメーションラボ」が資金調達
2020年9月25日、オートメーションラボ株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 また、「sweeep」のリニューアルを行ったことも併せて発表しました。 「sweeep」は、AIを活用し請…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ