注目のスタートアップ

ブライダル業界向けCRM「Oiwaii」やWeb招待状・席次表「Concept Marry」提供の「TAIAN」が資金調達

company

2021年11月30日、株式会社TAIANは、資金調達を実施したことを発表しました。

ブライダル業界向けCRM「Oiwaii(オイワイー)」や、Web招待状・席次表「Concept Marry(コンセプトマリー)」を提供しています。

「Oiwaii」は、結婚式後の顧客のお祝いまでをサポートできるマーケティングツールです。

結婚式の実施によって得られた顧客情報を活用し、結婚式後のお祝いの場所としても選んでもらえるような場所づくりを実現します。

今回の資金は、「Oiwaii」のさらなる開発やマーケティングの強化に充当されます。

若年層人口の減少により結婚する件数も減少の一途をたどっています。

結婚式場の運営を主とするブライダル業界は、結婚件数の減少は収益の低下に直結する課題となっています。

そこでブライダル業界においても顧客のLTV(顧客生涯価値)最大化の重要性が高まっています。

しかし結婚式は生涯で一度しか挙げないというケースが多く、リピート産業ではないと考えられます。

ブライダル業界でのリピートとは、結婚式にゲストとして参列した者がその式場を気に入り自身の結婚式場としても利用することや、新郎新婦がのちに結婚式以外の用途で利用することなどが想定されます。

これまでブライダル業界では、リピーターを増やすという考えが根付いていなかったため、貴重な顧客情報を活用できずにいました。

そのため、CRM(顧客関係管理)を活用した顧客を中心としたマーケティングは大きな効果を発揮する可能性があります。

ブライダル業界では結婚式の開催だけでない事業の多角化が進んでいるため、今後ブライダル業界において顕在化する課題を解決するサービスの需要が高まると考えられます。

デジタル時代において企業を成長させるためには、最新のツールを活用することが重要です。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Concept Marry CRM Oiwaii TAIAN Web招待状 オイワイー コンセプトマリー ブライダル マーケティング 冠婚葬祭 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

リテンションボット開発・提供の「Smash」が8,000万円調達
2022年1月11日、株式会社Smashは、総額8,016万円の資金調達を実施したことを発表しました。 リテンションボット「Smash」を開発・提供しています。 サブスクリプションサービスや定期通販を…
オンライン・コミュニケーションの質を高める動画解析AIサービス提供の「I’mbesideyou」が1.15億円調達
2021年1月4日、株式会社I'mbesideyouは、総額1億1,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 オンライン・コミュニケーションに特化したマルチ・モーダルAIを提供しています。 …
誰でも弾ける楽器「インスタコード」を体験できるショールームが秋葉原の「SEEKBASE」にオープン
2021年5月7日、InstaChord株式会社は、2021年5月14日から16日までの3日間、「インスタコード」を体験できるショールームを、JR秋葉原駅高架下の商業エリア「SEEKBASE」にオープ…
エンプロイーサクセスプラットフォーム「Well」開発・運営の「Boulder」が1億円調達
2020年7月28日、株式会社Boulderは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、クローズド提供していた「Well(ウェル)」のβ版の正式リリースも併せて発表しました。 「We…
自然とテクノロジーの調和を目指す「mui Lab」が2億円調達
2019年11月5日、mui Lab株式会社は、総額約2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 人や自然とテクノロジーの調和を目指し、UI/UXデザインと、実装のための技術開発を行っています。 …

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ