リファレンスチェックサービス「Parame Recruit」において経歴詐称などの不正を検知する「経歴調査プラン」が提供開始

tips

2021年11月30日、株式会社Parameは、「Parame Recruit」において「経歴調査プラン」の提供を新たに開始したことを発表しました。

「Parame Recruit」は、Parameが提供するリファレンスチェックサービスです。

採用候補者の上司・同僚・部下から質問への回答を得ることで、面接だけではわからない能力・性格を把握することができます。

今回新たに提供する「経歴調査プラン」は、「Parame Recruit」のリファレンスチェック実施と同時に専門スタッフによる経歴調査を実施し、経歴詐称などの採用リスクを低減させるサービスです。

調査は業務提携している株式会社産通の専門スタッフが実施します。

経歴調査については候補者から同意署名をしてもらった上で、候補者の個人情報・プライバシー保護・コンプライアンス・適法性を重視して行われます。

人材採用において大きな課題となるのが、人材のミスマッチです。

特にスタートアップにとって人材採用は大きな投資となるため、ミスマッチとなってしまうと損失が大きくなってしまいます。

そこで活用できるサービスがリファレンスチェックサービスです。

主に候補者の前職の上司・同僚などに業績や人物像などを訊くことを目的として実施します。

第三者から候補者の評価を訊くことができるため、ミスマッチ率を大きく低減させることができます。

また近年ではグローバル化に伴う外国人材の採用が多くなっていると思います。

海外は日本と比べると経歴詐称率が高いことが多いため、外国人材を採用する際には経歴詐称のリスクが高くなってしまいます。

日本ではまだ経歴詐称についてのリスクが周知されていません。

スタートアップは人材採用にそこまでコストをかけられないかもしれませんが、トラブルや損失を回避するためにもリファレンスチェックを実施することをおすすめします。

ビジネスの成長には人材の採用が欠かせません。しかし創業期には採用のノウハウもなく、コストもかかるため採用活動は慎重に行わなくてはなりません。「冊子版創業手帳」では、創業期の人材採用ノウハウについて詳しく解説しています

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ Parame Parame Recruit リファレンス・チェック 不正 人材 採用 株式会社 産通 経歴 経歴調査プラン 詐称 調査 面接
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

スポーツ・ビジネスのPR・採用プラットフォーム運営の「HALF TIME」が1億円調達
2020年7月9日、HALF TIME株式会社は、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 スポーツ・ビジネスの専門メディア「HALF TIME(ハーフタイム)マガジン」や、スポーツ・ビジネ…
「OKAN」が離職率を改善するサービス「ハイジ」をリリース
2019年7月17日、株式会社OKANは、「ハイジ」を2019年7月17日にリリースすることを発表しました。 「ハイジ」は、離職の約8割の理由となっている “ハイジーン・ファクター”(衛生要因)に特化…
建機の遠隔操作・自動運転の「ARAV」が6,300万円調達
2021年3月8日、ARAV株式会社は、総額6,300万円の資金調達を実施したことを発表しました。 既存の重機に後付けすることで、遠隔操作や自動操縦を行えるようにするプロダクトを開発しています。 20…
中小企業製造業工場向け案件管理・経営判断支援SaaS「monit」運営の「トランスミット」が1.24億円調達
2021年10月14日、トランスミット株式会社は、総額1億2,400万円の資金調達を実施したことを発表しました。 中小企業製造業工場の案件管理や経営判断を支援するSaaS「monit(モニット)」を運…
動画解析を活用した手術支援AI開発の「iMed Technologies」が1.7億円調達
2020年10月1日、株式会社iMed Technologiesは、総額1億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 脳梗塞・くも膜下出血に対する脳血管内手術の安全な手術を実現するため、…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ