グルメコミュニティアプリ「SARAH」・外食ビッグデータサービス「FoodDataBank」運営の「SARAH」が2.2億円調達

company

2021年11月25日、株式会社SARAHは、総額2億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

グルメコミュニティアプリ「SARAH」と、外食ビッグデータサービス「FoodDataBank」、飲食店向け電子メニュー化サービス「Smart Menu」を展開しています。

「SARAH」はレストラン単位ではなく、メニュー単位での検索・投稿が可能なグルメサービスです。

今回の資金は、「SARAH」のマーケティング、「FoodDataBank」のセールス・カスタマーサクセス、「Smart Menu」の体制強化と組織増強に充当される予定です。

飲食店ではコロナ以前から人手不足を解消するため、省力化・効率化のためにモバイルオーダーやデータ活用などの取り組みが進んでいました。

今般の新型コロナウイルス感染症の流行を受け、飲食店は非接触・非対面でのサービスが求められ、デリバリー事業への参入や、モバイルオーダーなどのテクノロジーの活用がより一層進みました。

モバイルオーダーとは利用者が自分のスマートフォンを使って料理の注文と決済を行うことができるシステムです。

専用のアプリをインストールしてもらうか、テーブルにあるQRコードなどを読み取ってもらうことでメニューを表示します。

またメニューは飲食店にとって料理(商品)を見せるための重要な媒体であるため、モバイルオーダー用のメニューデザインを手掛ける事業者なども搭乗しています。

ほかにも省力化にもっとも貢献するであろうロボットについては、配膳ロボットがベンチャー企業や大手企業から市場に投入されています。

配膳ロボットはまだ物珍しいため、省力化としてだけでなく集客としても活用している店舗も多くなっています。

今後さらにテクノロジーの活用は進み、モバイルオーダーの普及や、調理ロボットを実装する飲食店が増えていくと考えられます。

起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「飲食開業手帳」では、各種決済方法の比較や、導入方法について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ FoodDataBank SARAH アプリ グルメ コミュニティ ビッグデータ メニュー モバイル・オーダー 外食 株式会社 資金調達 電子メニュー 飲食 飲食店
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

D2Cアンダーウェアスタートアップの「ONE NOVA」が4,500万円調達
2021年11月17日、株式会社ONE NOVAは、総額4,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 アンダーウェアブランド「One Nova」と、全世代型吸水ショーツブランド「sponge…
「アプリコット・ベンチャーズ」と「デライト・ベンチャーズ」による社会人向け起業支援プログラム「Springboard 2021」 募集開始
2020年12月24日、株式会社アプリコット・ベンチャーズは、株式会社デライト・ベンチャーズと共に、「Springboard(スプリングボード)2021」を開催し、2020年12月24日(木)から開始…
事業承継促進プラットフォーム「relay」が立ち上げ 2020年春に本サイト開設予定
2020年2月13日、株式会社ライトライトは、「relay(リレイ)」の立ち上げを発表しました。 また、同日にティザー・サイトにリリースされました。 本サイトの開設は、2020年春を予定しています。 …
D2Cウェルネスブランド「TENTIAL」・スポーツ情報メディア「SPOSHIRU」運営の「TENTIAL」が5億円調達
2021年9月15日、株式会社TENTIALは、総額5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 D2Cウェルネスブランド「TENTIAL」と、スポーツ情報メディア「SPOSHIRU」を運営していま…
ドライバー専門求人サイトなど運営の「ドラEVER」が1億円調達
2020年8月7日、株式会社ドラEVERは、1億10万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社SXキャピタルです。 ドライバー専門求人サイト「ドラEVER」や、運送・物流企業総合…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ