注目のスタートアップ

部屋探しプラットフォーム「カナリー」運営の「BluAge」が「ヤマダホールディングス」と資本業務提携 10億円調達

company

2022年9月26日、株式会社BluAgeは、株式会社ヤマダホールディングスと、資本業務提携契約を締結し、10億円の資金調達を実施したことを発表しました。

BluAgeは、部屋探しプラットフォーム「カナリー(CANARY)」を運営しています。

おとり物件を含む募集終了物件や重複した情報をできる限り削減し、正確な物件情報を届けることを特徴としています。

また、1つの物件に対し1つの仲介会社のみが掲載される仕組みを採用しており、これにより仲介会社は顧客に対しより丁寧な接客が可能となります。

ヤマダホールディングスとの提携では、ヤマダホールディングスグループの全体的なDXの推進や、ヤマダ経済圏に「カナリー」の若年層ユーザーを取り込むための施策を展開します。

具体的な内容は、ECの強化、OMOの推進、アプリ刷新、業務効率化ツールの開発、顧客データの融合・活用などです。

賃貸物件探しにおいて、部屋探しサイトや不動産ポータルサイトを利用することはもはや当たり前の行動となっています。

スマートフォンひとつで全国の物件が閲覧できるため、空いた時間に自分が求める物件を探すことができるという利便性がメリットです。

一方で、部屋探しサイトでは希望する物件で連絡をとっても成約済みとなっていて他の物件を紹介されることなどが課題となっています。

実際には存在しないにも拘わらず魅力的な物件を掲載し、それで連絡してきた顧客に対して別の物件を紹介する、いわゆるおとり物件というものもありますが、実際に物件が成約しているもののサイトへの反映が遅いというケースも多く、ユーザーの満足度を向上させるにはこうした不便を解消することが重要です。

「カナリー」はこうしたユーザー面での不便を解消した部屋探しサービスであり、さらにサービスの提供をアプリに絞り、1物件につき1社の仲介会社が掲載される仕組みであるため、反響の良い顧客と深く関わることができることを特徴としています。

今回のヤマダホールディングスとの提携では、引っ越し時の購買ニーズが高い家電・家具の領域において、不動産DXの知見を提供していくようです。

シナジーの高い企業との提携や協業は、新たなイノベーションにもつながるかもしれません。「冊子版創業手帳」では、人脈を広げる方法や、商工会議所の活用方法など、販路拡大や提携先をみつけるためのノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BluAge CANARY カナリー プラットフォーム ヤマダホールディングス ヤマダ電機 不動産 家電 株式会社 賃貸 資本業務提携 資金調達 部屋
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

宇宙ビジネスに特化した伴走型支援事業展開の「sorano me」が1,000万円調達
2021年5月27日、株式会社sorano meは、1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 宇宙ビジネスメディア「宙畑-sorabatake-」や宇宙広報団体「TELSTAR」など、宇…
物流倉庫・製造工場向け自動搬送ロボット開発の「LexxPluss」が資金調達
2021年3月3日、株式会社LexxPlussは、資金調達を実施したことを発表しました。 物流倉庫・製造工場向け自動搬送ロボットを開発しています。 従来の自動搬送ロボットは、誘導線上に沿って軌道走行す…
遠隔心臓リハビリテーション・システム開発の「リモハブ」が8,000万円調達
2020年4月1日、株式会社リモハブは、総額8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 2020年1月20日には、総額2億7,000万円の資金調達を実施を発表しています。 遠隔心臓リハビリ…
子供向けオンライン英会話スクール「GLOBAL CROWN」を運営の「ハグカム」が資金調達
2021年3月9日、株式会社ハグカムは、資金調達を実施したことを発表しました。 子供向けオンライン英会話スクール「GLOBAL CROWN」を運営しています。 独自のレッスン・メソッドである「夢中メソ…
eスポーツチームや大会運営などeスポーツ事業を展開する「Fennel」が2億円調達
2022年3月2日、株式会社Fennelは、総額約2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 eスポーツチーム運営事業、eスポーツ大会運営事業、アパレル事業を展開しています。 2022年3月現在、…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ