ピッチイベント「IVS2021 LAUNCHPAD NASU」 決勝登壇者14名が決定

tips

2021年11月12日、IVS株式会社は、ピッチイベント「IVS2021 LAUNCHPAD NASU」の登壇者14名が決定したことを発表しました。

「IVS2021 LAUNCHPAD NASU」は、招待制カンファレンス「IVS2021 NASU」内で行われるピッチイベントです。

約150社の応募者のなかから、勝ち抜いた計14社の登壇者が、自社プロダクトとその思いを6分間のプレゼンで発表します。

「IVS2021 NASU」
・開催日:2021年11月17日(水)〜19日(金)
・会場:那須高原TOWAピュアコテージ(栃木県那須郡那須町高久乙3375)

「登壇者」
・any株式会社(30年解がなかったナレッジマネジメントの最適解。ナレッジ経営クラウド「Qast」)
・株式会社Azit(ラストワンマイル配送を簡単かつ柔軟に構築「CREW Express」)
・Best Beer Japan株式会社(ビール業界のDX – クラフトビールに特化したITと物流サービス「Best Beer Japan」)
・株式会社カンリー(店舗の顧客接点を最適化する!「店舗情報一括管理SaaS / Canly(カンリー)」)
・株式会社HAKKI AFRICA(与信を変える!アフリカの中古車特化のBuy Now, Pay Later「HAKKI」)
・株式会社Kiva(どんなECサイトでもApple Careのような保証を提供できるサービス「proteger(プロテジャー)」)
・株式会社Mobile Order Lab(デリバリー戦略を成功に導く、飲食店向け注文一元管理ツール「Ordee」)
・ナッジ株式会社(1枚からでも発行できる次世代型提携クレジットカード「Nudge」)
・株式会社ぴんぴんころり(第2のお母さんがあなたの家へ「東京かあさん」)
・プライシングスタジオ株式会社(成功企業のプライシングノウハウを体系化!価格決定支援サービス 「Pricing Sprint」)
・SHE株式会社(私らしい働き方を叶える、日本最大級のミレニアル女性のためのキャリアサービス「SHElikes」)
・株式会社Spir(複数アカウントと連携して日程調整ができる次世代カレンダー「Spir(スピア)」)
・株式会社TIMEMACHINE(日程調整&オンライン名刺交換サービス「Schecon」)
・VALT JAPAN株式会社(就労困難者特化型DXプラットフォーム「NEXT HERO」)

また、「IVS2021 LAUNCHPAD NASU」のプレイベントをオンラインで開催します。無料で参加可能です。

・開催日時:2021年11月12日(金)21時00分〜
・開催方法:オンライン@Zoom
・コンテンツ:決勝登壇各社への質問・意気込みなど
・登壇者
 ・LAUNCHPAD決勝登壇者14名
 ・Headline Asia 田中章雄
 ・IVS株式会社 島川敏明

ピッチイベントとは、スタートアップやベンチャー企業がアイデアや技術を短時間でプレゼンする場です。

投資家にアピールするため、協業できる企業を探すため、知名度を上げるためなどが主な目的です。

知名度のあるピッチイベントは、今後の大きな成長が見込まれるスタートアップが登壇するため注目度が高く、また市場の動向をうかがい知ることにも役立ちます。

そのためピッチイベントは、登壇するスタートアップにとっても、見る側として参加するスタートアップにとっても重要な場なのです。

新型コロナウイルス感染症の流行によって、ピッチイベントを含む多くのイベントがオンラインでの開催を余儀なくされました。

オンラインイベントは気軽に参加できるというメリットがありますが、深い交流や予期せぬ出会いが少ないというデメリットもあります。

最近の新型コロナの感染状況を鑑みてオフラインで開催するイベントも増えてきています。コロナ禍ではさらに貴重な機会となっているため、積極的に参加するとよいでしょう。

新たなビジネスは、他企業との連携により生まれる場合があります。「冊子版創業手帳」では、人脈を作るためのノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ IVS IVS2021 LAUNCHPAD NASU IVS2021 NASU インフィニティベンチャーズサミット カンファレンス スタートアップ ピッチ・イベント 株式会社 起業家
詳細はこちら

起業家の登竜門「IVS2021 LAUNCHPAD NASU」約150社の応募者の中から選考を勝ち抜いた決勝登壇者14名が決定!

関連記事はこちら

スタートアップの初めてのピッチコンテスト 魅力的なスピーチの作り方

この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「CAMPFIRE」と「GO」が業務提携し個人向け広告サービス「AD FOR ALL」をリリース
2020年3月4日、株式会社CAMPFIREは、株式会社GOと連携し、「AD FOR ALL」の提供を開始したことを発表しました。 「AD FOR ALL」は、個人が自由に広告を活用できるサービスです…
クラウド受付システム運営の「RECEPTIONIST」が資金調達
2021年7月19日、株式会社RECEPTIONISTは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、グローバル・ブレイン株式会社です。 クラウド受付システム「RECEPTIONIST」や、日程…
脳波の取得・分析サービス提供の「CyberneX」が資金調達
2021年9月29日、株式会社CyberneXは、資金調達を実施したことを発表しました。 脳波計測機能付きイヤホン型デバイス(Ear Brain Interface)の開発や、このデバイスを活用した実…
クラウド人材管理システム提供の「HRBrain」が13億円調達
2020年12月4日、株式会社HRBrainは、10億円の第三者割当増資と、3億円のデット・ファイナンスを合わせ、最大で13億円の資金調達が決定したことを発表しました。 クラウド人材管理システム「HR…
郵送のホルモン検査サービス「canvas」開発の「Vitalogue Health」が資金調達
2021年2月1日、株式会社Vitalogue Healthは、資金調達を実施したことを発表しました。 自宅でできる郵送のホルモン検査サービス「canvas(キャンバス)」を開発しています。 専用キッ…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ