「DXHUB」が一時帰国者向けの通信サービス「おかえりSIM」をリリース

tips

2021年11月10日、DXHUB株式会社は、「おかえりSIM」を提供開始したことを発表しました。

「おかえりSIM」は、一時帰国者を対象とした通信サービスです。

一時帰国する際の帰国頻度や、滞在期間、利用データ量に合わせて選べる3つの年間プラン(10GB、50GB、100GB)が用意されています。また050電話番号と無料通話もついています。

SIMカードはAmazon、楽天市場、DXHUBの自社サイトで購入し、自宅・ホテルで受け取ることができます。

1年という長いスパンのプランであるため、滞在期間に合わせたプリペイドSIMカードやポケットWi-Fiの選定を行う必要がなくなります。

2021年11月8日から、新型コロナウイルスの水際対策措置が一部緩和されました。

今回の緩和により、ビジネス関係者・外国人留学生・技能実習生が新規入国できるようになりました。

また日本人の帰国者についてもワクチン接種済であれば待機期間が3日間となり、一時帰国がしやすくなりました。

一時帰国者は自主的な隔離などが必要となるため、ホテルの手配や送迎などを一括で提供するパッケージサービスなど、一時帰国に特化したサービスが登場しました。

一時帰国など別の国に行った際に必要となるのが、通信サービスの契約です。

空港で貸出・返却が行えるWi-Fiや、プリペイドSIM、国際ローミングなどが選択肢として存在します。

事業者ごとに一時帰国者にとって使いやすいサービスを提供していまいるため、自身のスケジュールや使用法に合わせて選定するとよいでしょう。

企業においても通信回線は非常に重要なもののひとつです。法人向けのネット回線は様々なものがあるため、選ぶのに苦労するかもしれません。「冊子版創業手帳」では、ネット回線の選び方について4つのポイントから解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ DXHUB SIMカード おかえりSIM 一時帰国 新型コロナウイルス 株式会社 通信サービス
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「創業手帳」によるオンライン・セミナー「クラウドファンディングゲーム ~スタートアップの資金調達体験ゲーム~」が開催 11/25
創業手帳株式会社は「クラウドファンディングゲーム ~スタートアップの資金調達体験ゲーム~」を2020年11月25日(水)に開催することを発表しました。 「クラウドファンディングゲーム ~スタートアップ…
顧客接点クラウド「カイクラ」の「シンカ」が「きらぼしコンサルティング」と業務提携 中小企業の活性化を支援
2021年3月16日、株式会社シンカは、株式会社きらぼしコンサルティングと業務提携を開始したことを発表しました。 シンカは、顧客接点クラウド「カイクラ」を開発・提供しています。CTI、SMS、ビデオ通…
「凸版印刷」が法人向けの電子絵本・児童書配信サービス「えほんほーだい」をリリース
2020年6月30日、凸版印刷株式会社は、「えほんほーだい」の提供を2020年6月から開始したことを発表しました。 「えほんほーだい」は、法人・企業が運営する店舗や施設のWi-Fi経由で電子絵本・児童…
完全招待制プロ人材マッチング・サービス提供の「WUUZY」が2,500万円調達
2021年3月1日、株式会社WUUZYは、2,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、正式に「WUUZY(ウージー)」をリリースすることも発表しました。 「WUUZY」は、プロ人材に…
「第4回 社会課題の解決を支えるICTサービス大賞」でナレッジ共有ツール「Qast」が「新型コロナ対応賞」を受賞
2020年12月1日、any株式会社は、2020年11月17日に開催された「第4回 社会課題の解決を支えるICTサービス大賞」において、「Qast」が「新型コロナ対応賞」を受賞したことを発表しました。…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ