廃棄素材を使用したクラフトジンを生産する「エシカル・スピリッツ」がコーヒー事業に参入 コーヒー豆の出涸らしを原料としたクラフトジンなど提供へ

tips

2021年11月10日、エシカル・スピリッツ株式会社は、新たにコーヒー事業に参入することを発表しました。

エシカル・スピリッツは、廃棄素材を使用したクラフトジンの生産や、再生型蒸留所の運営を行っています。

今回のコーヒー事業への参入により、常設店舗としてコーヒー&ジンスタンド「The Ethical Spirits & Coffee」1号店を、2022年1月に大手町エリアの複合ビル1階にオープンする予定です。

「The Ethical Spirits & Coffee」では、コーヒーやコーヒー豆の販売のほか、コーヒー豆の出涸らしから生産したクラフトジンや、廃棄素材を活かしたエシカルスイーツなどを提供する予定です。

「エシカル」とは「倫理的な」という意味を持つ形容詞で、SDGsの推進によって様々な領域でエシカル消費が意識されはじめました。

エシカル消費は、多くは環境保全や地域・社会への配慮といったニュアンスで捉えられています。

たとえば、フェアトレードの商品を積極的に購入することもエシカル消費のひとつです。

近年ではフードロス(食品ロス)の削減もエシカル消費の文脈で語られることも多くなってきています。

食品ロスとは、まだ食べられるのに捨てられてしまう食品のことを指し、日本では食品ロスは1年間で約612万トン出ています。

食品ロス削減では様々な取り組みが行われていますが、一度抽出されてしまえば捨てられてしまうことが多いコーヒーやお茶の出涸らしも、もったいないもののひとつです。

昔からお茶の出涸らしは掃除などに使われていたほか、コーヒーの出涸らしは脱臭のために利用されたりしています。

またこのような日用品的な利用だけでなく、エシカル・スピリッツのように食品として利用する取り組みも進んでいます。

特にクラフトジンの領域では、従来は注目されていなかった素材でベーススピリッツを作ったところ、特徴的な香りが生まれたという事例から、様々な素材を活用する取り組みが注目されています。

SDGsは人類として長期的に取り組んでいかなくてはならないことですが、これはビジネスチャンスでもあります。トレンドでもあるため資金調達がしやすいという側面もあります。「冊子版創業手帳」では、様々な起業家のインタビューを掲載しています。先人の思考を知ることは、新たなビジネスの創造・成長にとって役に立つでしょう。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ エシカル クラフトジン コーヒー 廃棄 株式会社 生産 素材 蒸留所
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

OOH広告のDXを推進するプラットフォーム提供の「PalledAd」が総額2,000万円調達
2020年10月1日、株式会社PalledAdは、総額2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 OOH広告(屋外広告・交通広告)のDX推進を進めるプラットフォーム「AdVice」「AdR…
ドッグフードD2Cサブスクリプション・サービス「PETOKOTO FOODS」の予約受付が開始
2019年7月8日、株式会社シロップは、「PETOKOTO FOODS(ペトことフーズ)」の予約受付を開始したことを発表しました 「PETOKOTO FOODS」は、獣医師などペットの専門家が国産にこ…
医療相談アプリ「LEBER」運営の「AGREE」が4.3億円調達
2020年2月5日、株式会社AGREEは、総額4億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 医療相談アプリ「LEBER(リーバー)」を運営しています。 医師による、症状に合った、“近隣の…
家具・家電のサブスクリプションサービス「CLAS」運営の「クラス」が21億円調達
2021年9月8日、株式会社クラスは、総額約21億円の資金調達を実施したことを発表しました。 家具・家電のサブスクリプションサービス「CLAS」を運営しています。 100社以上のメーカーの商品と、10…
個人資産管理サービスなど提供の「マネーツリー」が資金調達
2020年4月28日、マネーツリー株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 金融資産を一元管理できる個人資産管理サービス「Moneytree」や、企業向けの金融データプラットフォーム「MT …

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ