【東京都】「新事業展開のための設備投資支援事業」助成金

subsidy

公益財団法人東京都中小企業振興公社は「新事業展開のための設備投資支援事業」について発表しました。

直面する経営課題の解決を目指す新たな事業展開に必要な最新機械設備等を購入する取り組みに助成金を交付します。

対象者
以下のすべてを満たす都内中小企業者等。
・2021年4月1日現在で、東京都内に登記簿上の本店又は支店があり(個人にあっては都内で開業)、2年以上事業を継続していること
・国の「一時支援金」、または国・都の「月次支援金」を受給したこと

助成金
・上限3,000万円・経費の4/5以内

対象経費
以下のすべて満たす最新機械装置・器具備品
・製品の製造や役務の提供のために直接使用するもの
・1基100万円(税抜)以上のもの
・助成対象期間内に契約・設置・支払いを行うもの

機会設置場所
・東京都、および首都圏(神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県、栃木県、茨城県、山梨県)

助成金の申請には事前予約が必要です。
申請予約期間
・2021年10月13日(水)~11月30日(火)17時まで

申請書類提出期間
・2021年10月13日(水)~11月30日(火)

いま、世界じゅうでDX(デジタルトランスフォーメーション)が推進されています。

DXとはAIやIoTなどのデジタルテクノロジーを活用することにより、企業の生産性の向上や業務効率化を目指し、企業・組織のありかたを根本的に変革することを指します。

DXでは定型業務を自動化するRPA(ロボティックプロセスオートメーション)などのソフトウェアの導入をイメージすることが多いかもしれません。

しかし、AIを搭載したロボットやデータ連携を重視した機械など、ハードウェアの導入も必要となります。

ソフトウェアの導入と違い、機械設備は高価なものが多く、特に最新のテクノロジーを活用とした機械は、中小企業では手が届かないものもあるでしょう。また、複数台導入するといったケースも多いため、そのぶん多くの資金を必要とします。

このままレガシーな設備のまま経営をつづけていくと、時代の流れに置いていかれ、多くの損失がうまれてしまうこととなります。

そのため政府は、企業のDXを支援するため様々な補助金・助成金を用意しています。

DXは企業の変革を目指すものであるため、ソフトウェア・ハードウェアの導入をつうじて、経営者・従業員の意識の改革も行わなくてはなりません。

一朝一夕でなしとげられるものではないため、DXには早期から取り組み、一歩ずつ企業を変えていくことが重要です。

レガシーな設備はDXを拒む大きな障害となっています。しかし創業期は自分の好きなようにシステムを導入することができます。「冊子版創業手帳」では、社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。また、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期のシステム整備のメリットや注意点なども伺っていますので、こちらもご参考ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 公募
関連タグ DX 助成金 新事業展開のための設備投資支援事業 東京都 機械 補助金 設備 設備投資
補助金ガイド
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

公募の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

公共制度・補助金の認知・申請を簡単にするチャットサービス提供の「Civichat」が1,500万円調達
2021年5月25日、株式会社Civichatは、1,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 公共制度を行使する際に障壁になる認知や申請の手間などの手続きを簡素化する、LINE@上のサービ…
機械学習・ディープラーニング・数理アルゴリズムなどの最先端技術の実用化を手掛ける「TRUST SMITH」が1.1億円調達
2020年9月25日、TRUST SMITH株式会社は、総額1億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 TRUST SMITHは、東大発の数理アルゴリズムを実装するスタートアップ企業で…
「ビジマッチ」がワーケーション・メディア「TELETRA」をリリース
2020年12月10日、株式会社ビジマッチは、「TELETRA」をリリースしたことを発表しました。 「TELETRA(テレトラ)」は、仕事をしながら旅をする人をサポートするワーケーション・メディアです…
DX支援などの「レッドジャーニー」と総合ITサービス企業の「TIS」が業務提携
2020年10月16日、株式会社レッドジャーニーは、TIS株式会社と業務提携したことを発表しました。 レッドジャーニーは、DX支援事業や、DX人材教育事業、新規事業・新規プロダクト開発支援事業などを展…
「ライトアップ」が「ENECHANGE」と連携 補助金・助成金自動診断システム「Jシステム」のOEM提供を開始
2021年8月16日、株式会社ライトアップは、ENECHANGE株式会社と業務提携契約を締結したことを発表しました。 ライトアップは、助成金自動診断ツール「Jシステム」や、補助金・助成金活用支援「Jコ…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ