注目のスタートアップ

目標達成を支援する営業予実管理クラウド「GRAPH」提供の「グラフ」が2,000万円調達

company

2021年10月15日、株式会社グラフは、総額2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

また、目標達成を支援する営業予実管理クラウド「GRAPH(グラフ)」を2021年9月末に正式ローンチしたこともあわせて発表しました。

「GRAPH」は、営業担当者ひとりあたり1日2~3分のデータ入力で、蓋然性の高い予実管理が可能となるクラウドサービスです。

また、多様な業態での営業管理経験をもつエキスパートによる導入~活用定着支援も行うため、企業・組織に営業マネジメント人材がいない場合でも導入することができます。

今後、ビッグデータを活用した営業マネジメント支援や、表彰機能、他社CRMとの連携機能などの追加を予定しています。

今回の資金は、プロダクト開発や機能拡充に充当されます。

デジタル化は様々な領域で進んでいます。

特にアナログでの作業が多く、属人的になっている領域では効果が高いため、人手不足にある時代ではデジタル化の優先度が高いといえるでしょう。

そのような領域としてはまず営業が挙げられます。

旧態然とした営業では、営業担当者の能力や体力が重要でした。営業マンそれぞれがノウハウを持っており、若手の育成についても課題がありました。

属人的となったままでは、もし有能な営業担当が退職してしまえば、そのノウハウの一切が失われてしまうことになります。

同じだけのスキルを持つ営業担当を採用するということは難しいでしょうし、採用できたとしても引き継ぎができないということにもなります。

そのため営業領域でのデジタル化では、個人のスキルに頼ることなく、若い人材でも効率的に成果をあげていくことのできる仕組みを構築することを目指すことが一般的です。

このような意識から営業領域でのデジタル化は進んでおり、SFA(セールスフォースオートメーション、営業支援システム)などは多くの企業が導入しています。

しかし、営業の予算・実績を管理する予実管理は多くの場合、ExcelやGoogleスプレッドシートなどの表計算ソフトで行われています。

予実管理では数字の入力と、数字の把握、グラフ表示などが行えればよいため、たしかに表計算ソフトでもよいかもしれません。

しかし複雑な計算式・関数を利用している場合、担当者しか作業ができなかったりなど属人的になってしまいます。

また入力の手間がかかるほか、入力ミスなどが発生することがあり、目に見えないコストがかかってしまっています。

営業の予実管理に特化したツールを導入することにより、このような無駄を削減することも、営業のデジタル化では必要となってきています。

営業は、企業の売上を向上させるために必要な業務です。しかし、リソースの足りない創業期は、満足できる営業を行えないかもしれません。「冊子版創業手帳」では、少しでも営業の成功率を上げるため、営業ツールの導入や、販路開拓の方法などのノウハウを提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ GRAPH グラフ 予実管理 営業 営業マネジメント 支援 株式会社 管理 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

企業・教育機関の「Google Workspace」を活用したDXを支援する「ストリートスマート」が資金調達
2021年4月6日、株式会社ストリートスマートは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、サテライト・オフィス・サービス「ZXY(ジザイ)」を展開する株式会社ザイマックスです。 ストリートス…
「創業手帳」による美容業界向けオンライン・セミナー「初めての競合比較分析講座」が12/17に開催
:創業手帳株式会社は、「初めての競合比較分析講座」を2020年12月17日(木)に開催することを発表しました。 「初めての競合比較分析講座」は、美容業界向けに、誰でもすぐに始められるマーケティングの考…
次世代型リチウムイオン電池「全樹脂電池」開発・販売の「APB」が資金調達
2020年6月30日、APB株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、豊田通商株式会社です。 以前の資金調達は2020年3月4日で、総額約80億円を調達しています。 APBは、次世…
中小企業の生産性向上を支援する「業務改善助成金」 8月から要件緩和・拡充
厚生労働省は「業務改善助成金」について、2021年8月から特例的な要件緩和・拡充を行うと発表しました。 「業務改善助成金」は、中小企業・小規模事業者の生産性向上を支援し、事業場内で最も低い賃金(事業場…
有用化合物のバイオ生産を可能にする情報基盤を開発する「digzyme」が3,000万円調達
2020年5月29日、株式会社digzymeは、総額約3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 生命科学研究のビッグデータ解析によって有用化合物の新規バイオ生産開発を可能とする情報基盤を…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ