新しいまちのあり方を共にデザインする「三菱地所アクセラレータープログラム 2021」開催 10/29締切

subsidy

2021年8月26日、株式会社サムライインキュベートは、三菱地所株式会社と共同で「三菱地所アクセラレータープログラム 2021」を開催することを発表しました。

「三菱地所アクセラレータープログラム 2021」は、“まちづくりに新たな「可能性」と「革新」を。”をメインテーマとしたアクセラレータープログラムです。

三菱地所グループとの共同事業開発が行えるほか、三菱地所グループのアッセトやネットワークを活用できる、メンターによる支援を受けられる、コワーキングスペースが提供されるなどのメリットがあります。

13の協業構想テーマを設定し、スタートアップから協業アイデアを募集します。

「街の働き方UX向上」:共通認証 ID「Machi Pass」(連携による、まちの体験再構成)
・E-book:丸の内ワーカー向けの全く新しいデジタル図書館構想
・マイクロコミュニティ:丸の内ワーカー向けの自己研鑽を継続させるマイクロコミュニティ形成
・フードテック:社員食堂のDXを足がかりとしたフードテックを活用した食体験の提供

「多様なワークスタイル創出」:新たな働き方を提供するサービスの進化・飛躍
・xLINK(サービスオフィス):xLink契約〜入居までのフレキシブル性を高めるサービス基盤構築
・テレキューブ:テレキューブのユースケースを拡張する多様なサービス連携
・ワーケーション:ワーケーション施設の活用シーンを拡充するサービス・コミュニティ連携

「「住」の変革」:住まい・暮らしにまつわる課題解決や新たな価値創出
・AI診断×スキルシェア:間取り診断をはじめ、住まい選びや住まいづくりに気づき・学びを与えるプラットフォーム
・宅内×ヘルスケア:在宅での健康維持や身体データの蓄積から医療連携をする居住者向け在宅ヘルスケアプラットフォーム構想
・ワークプレイス:居住圏でのリモートワークの課題解決を図るワークプレイス構想

「新しい価値創造」:新事業領域での新事業創出
・子育てテック:育児に関する新たなサービス・プラットフォームの創出
・フェムテック:ダイバーシティのさらなる加速に向けたフェムテックサービスプラットフォームの形成
・リゾートテック:新たな体験コンテンツやスマートリゾート化等、宮古島における観光新興テックの取り込み

「その他 自由公募枠」:上記のテーマによらない共創提案
・農業・食・ヘルスケア・エンタメ・エネルギー・観光・ファイナンス・モビリティ・5G等領域の具体提案

協業アイデアの募集締切は、2021年10月29日(金)です。

SDGs(持続可能な開発目標)では、“住み続けられるまちづくりを”という目標が掲げられています。

これを踏まえ、日本では、少子高齢化と人口減少に耐えられるまちづくりを目指しています。

若年層が流出してしまうと都市機能を維持するためのサービスの提供が難しくなってしまうため、ただ福祉を充実させればいいだけでなく、経済的な発展も両立する必要があります。

新型コロナウイルスの影響により、地方への本社機能の移転や、地方移住などの機運が高まっています。

ワーケーションなどの新たな働き方も登場しており、これらをうまく捉えたまちづくりを提案できるベンチャーが求められています。

アクセラレーター・プログラムなどは、スタートアップの成長に欠かせない出資も期待できます。とはいえ狭き門であることも事実であるため、別の資金調達方法も知っておくとよいでしょう。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 公募
関連タグ アクセラレーター サムライインキュベート プログラム まちづくり 三菱地所 三菱地所アクセラレータープログラム 株式会社
詳細はこちら

13の協業構想テーマから新しいまちの在り方を共にデザインする「三菱地所アクセラレータープログラム 2021」8月26日(木)協業スタートアップの募集開始

この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

公募の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

起業家と投資家をつなぐピッチ動画プラットフォーム「GoToPitch」がリリース
2021年6月24日、ScientistPage株式会社は、「GoToPitch」をリリースしたことを発表しました。 「GoToPitch」は、ピッチ動画作成・録画機能とマッチング機能を併せ持つ、登録…
創薬ベンチャーの「ジェイファーマ」が5億円調達
2021年1月7日、ジェイファーマ株式会社は、総額5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 細胞膜表面のSLCトランスポーターを創薬標的とした創薬ベンチャーです。 トランスポーターとは、細胞の生…
社会貢献型フード・シェアリング・プラットフォーム運営の「クラダシ」が長野県松本市と環境省モデル事業の実施を開始
2020年12月4日、株式会社クラダシは、長野県松本市と環境省モデル事業の実施を開始することを発表しました。 クラダシは、社会貢献型フード・シェアリング・プラットフォーム「KURADASHI」を運営し…
「クラウドワークス」が提供する複業マッチングサービス「クラウドリンクス」においてマッチング費用が無料になるキャンペーンが開始
2020年4月9日、株式会社クラウドワークスは、「クラウドリンクス(CrowdLinks)」において、スタートアップ企業を対象に、次回の資金調達までマッチング費用20万円が何度でも無料となる「スタート…
SNS営業自動化の「チャットブック」が1億円調達
2019年12月17日、株式会社チャットブックは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 SNS営業を自動化してくれる顧客獲得システム「ChatBook」を運営しています。 国内外有数のC…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ