腸内細菌バイオ・ベンチャーの「メタジェンセラピューティクス」が9,000万円調達

company

2021年3月19日、メタジェンセラピューティクス株式会社は、総額9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

腸内細菌叢研究において国内有数の実績を有するチームからなる、腸内細菌バイオ・ベンチャーです。

2021年3月現在、腸内細菌移植療法(FMT)に用いる製剤を開発しています。

FMTは、偽膜性腸炎を対象とした先進医療や、炎症性腸疾患に対する臨床研究で利用されています。しかし、FMT製剤には品質基準設計や、サプライチェーン構築など、普及に関する課題があります。

メタジェンセラピューティクスは、グローバル・スタンダードな安全なFMT製剤の安定的なサプライチェーンの構築を目指しています。

また、腸内細菌叢データを活用し、マイクロ・バイオーム創薬へと事業分野を拡大していきます。

人間の腸内細菌には様々な種類がありますが、健康な人と腸や全身の病気を持つ人では、腸内細菌のバランスや種類の多さなどに違いがあることが判明しました。

健康な人の腸内細菌を移植したところ、通常の薬による治療では3割程度の治癒率だった「クロストリジウム・ディフィシル菌感染腸炎」が、9割以上の治癒率を記録したことを皮切りに「腸内細菌移植療法(FMT)」が注目されはじめました。

また、腸内細菌が変わると、免疫の働きにも影響があることも判明しており、肥満やアレルギー、肝臓がん、糖尿病、動脈硬化症など様々な治療への応用が期待されています。

創薬手法においてイノベーションが起こり、ベンチャー企業でも創薬を行えるようになりましたが、多くの資金を必要とすることは変わっていません。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ FMT サプライチェーン バイオ ベンチャー メタジェンセラピューティクス 医療 株式会社 研究 細菌 製剤 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「メルカリ」が「鹿島アントラーズ」の経営権を16億円で獲得
株式会社メルカリと日本製鉄株式会社は、日本製鉄およびその子会社が保有する株式会社鹿島アントラーズ・エフ・シーの発行済株式72.5%のうち61.6%をメルカリに譲渡する株式譲渡契約を締結したことを発表し…
スマート・フットウェア「ORPHE」開発の「no new folk studio」が資金調達
2020年1月8日、株式会社no new folk studioは、資金調達を実施したことを発表しました。 スマート・フットウェア「ORPHEシリーズ」を開発しています。 現在、アシックスと共に、走行…
「matsuri technologies」が「一時帰国.com」において「2週間自主待機+長期滞在セットプラン」を開始
2020年12月17日、matsuri technologies株式会社は、「一時帰国.com」において「2週間自主待機+長期滞在セットプラン」を開始したことを発表しました。 「一時帰国.com」は、…
子供向けオンライン英会話スクール「GLOBAL CROWN」を運営の「ハグカム」が資金調達
2021年3月9日、株式会社ハグカムは、資金調達を実施したことを発表しました。 子供向けオンライン英会話スクール「GLOBAL CROWN」を運営しています。 独自のレッスン・メソッドである「夢中メソ…
「FINOLAB」がスタートアップ向けのバックオフィス・シェアリング・サービス「SUBPOSI」を開始
2020年6月4日、株式会社FINOLABは、「SUBPOSI(サブポジ)」を開始することを発表しました。 「SUBPOSI」は、スタートアップ向けのバックオフィスのシェアリング・サービスです。 第1…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ