キャッシュレス決済連動型の栄養管理アプリ「SIRU+」運営の「シルタス」が5億円調達

company

2021年2月18日、シルタス株式会社は、総額約5億円の資金調達を実施したことを発表しました。

キャッシュレス決済連動型の栄養管理アプリ「SIRU+(シルタス)」を運営しています。

キャッシュレス決済と連動して買い物データを取得し、それをもとに栄養分析を行います。

また、栄養バランスが整う食材や、レシピの提案も行います。

くり返しアプリを利用することで、食の好みを学習し、個人の食生活に合わせた最適な買い物を提案します。

「SIRU+」で得たデータは消費者だけでなく小売にも提供し、消費者の栄養状態の把握を支援します。

今回の資金は、小売業へのDX支援サービス拡大のため、連携スーパーの拡大や、買い物客の健康ニーズを分析するツール「SIRU+ Biz」の機能改善、ECなど外部サービスへの拡張などに充当されます。

小売業界は、長く続いたデフレの影響により、物が売れず、売りにくい状況に置かれていました。

さらに新型コロナウイルスの影響もあり、小売店は感染対策やECの導入など、ニューノーマルの対応が必要となりました。

小売業界はこのような多様な課題を解決するため、DXの推進が求められています。

たとえば顧客データの活用により、効果の高いマーケティング施策や、顧客に合わせた販売戦略が実行できるようになります。

これまで小売業ではPOSデータやアンケートなどでしか顧客データを取得できませんでしたが、「SIRU+」のようなサービスを活用することにより、多様なデータを取得・活用できるようになるでしょう。

創業期はなにも導入されていないまっさらな状態なため、最新のシステムを導入するのにうってつけです。「冊子版創業手帳」では、社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。また、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期のシステム整備のメリットや注意点なども伺っていますので、こちらもご参考ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ DX SIRU+ アプリ キャッシュレス決済 シルタス 健康 小売 栄養 株式会社 管理 資金調達 食事 食品
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

ライブ配信によって求職者にアピールできる採用サービス「BUIVER」がリリース
2021年2月22日、株式会社BUIVERは、「BUIVER(ビーバー)」を2月にリリースすることを発表しました。 「BUIVER」は、企業がライブ配信によって求職者に対して自社の魅力や、仕事内容、仕…
カスタマー・サクセス・チャット 「チャネルトーク」が「グローバル・ブレイン」と「コロプラネクスト」と提携 Webチャット機能が1間無料に
2020年6月10日、株式会社ZOYI Corporationは、グローバル・ブレイン株式会社、株式会社コロプラネクストと連携し、「チャネルトーク」のWebチャット機能を1年間無料で利用できるスタート…
本人認証と権利移転のプラットフォーム運営の「ビットキー」が39億円調達
2020年1月23日、株式会社ビットキーは、総額39億300万円の資金調達を実施したことを発表しました。 本人認証と権利移転のプラットフォーム「bitkey platform(ビットキープラットフォー…
「WARC」提供の経営管理部門特化の転職サービス「SYNCA」が業務委託マッチングを開始
2020年12月22日、株式会社WARCは、「SYNCA」において、フリーランス・副業のプロフェッショナル人材と業務委託マッチングを行うための登録を開始したことを発表しました。 「SYNCA」は、経営…
郵送のホルモン検査サービス「canvas」開発の「Vitalogue Health」が資金調達
2021年2月1日、株式会社Vitalogue Healthは、資金調達を実施したことを発表しました。 自宅でできる郵送のホルモン検査サービス「canvas(キャンバス)」を開発しています。 専用キッ…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ