「とやまスタートアッププログラム in 東京 DEMO DAY 2021」が2/20に開催

event

2021年2月16日、とやまスタートアッププログラム実行委員会は、「とやまスタートアッププログラム in 東京 DEMO DAY 2021」を2021年2月20日(土)に開催することを発表しました。

「とやまスタートアッププログラム in 東京 DEMO DAY 2021」は、「とやまスタートアッププログラム in 東京 第2期生」を対象としたプログラム成果発表会です。

「とやまスタートアッププログラム in 東京 第2期生」は、富山県が開講する、首都圏から移住して富山で起業することを希望する若者を対象とした起業講座です。

第2期では30名が参加し、富山を舞台とした独自のビジネスを実現可能な事業計画書に落とし込んでいます。

プログラムの集大成として、ファイナリスト8チームが「とやまスタートアッププログラム in 東京 DEMO DAY 2021」において成果を発表します。

開催日時:2021年2月20 日(土)13:00〜17:30
開催場所:オンライン開催 (参加無料/事前申込制)

地方での起業は、地方創生や、地方の担い手不足の解消、東京一極集中を改善する効果があるため、コロナ以前から支援が行われていました。

コロナ以後、テレワークが浸透し、地方移住の機運も高まっています。これに伴い、地方での起業もさらに活性化すると考えられます。

自治体による支援だけでなく、地方での起業・移住をターゲットとしたビジネスにもチャンスあるといえます。

地方の問題を解決することは、社会の課題を解決することでもあります。しかし社会課題解決型のビジネスは、継続性に大きなハードルがあります。「冊子版創業手帳」では、社会課題をビジネスで解決することを目指す起業家など、様々な起業家にインタビューを行っています。先人がどのように困難を突破してきたかを知ることは、起業や経営に大きく役立つことでしょう。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ イベント
関連タグ スタートアップ とやまスタートアッププログラム in 東京 ビジネス プログラム 富山県 発表会 移住 若者 起業

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

イベントの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

卓球プロ・チーム「琉球アスティーダ」が「MTG Ventures」などから資金調達
琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、MTG Venturesや、テック起業、エンジェル投資家などです。 琉球アスティーダスポーツクラブは、卓球プ…
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「ケップルアカデミー」は、スタートアップと投資…
スタートアップ支援プログラム「S.C.A.L.E.」が始動 9/21にメンタリングDAYが開催
2019年8月29日、F Ventures LLPは、ベンチャー・キャピタリストの松永将幸氏(株式会社FFGベンチャービジネスパートナーズ在籍)と渡辺麗斗氏(株式会社ドーガン・ベータ在籍)と共同し、「…
創業時の資金調達をシミュレーション・トレーニングで学ぶ「『バンカーゲーム』~スタートアップの資金調達体験ゲーム~」が12/9に開催
創業手帳株式会社は、「『バンカーゲーム』~スタートアップの資金調達体験ゲーム~」を2020年12月9日に開催することを発表しました。 「『バンカーゲーム』~スタートアップの資金調達体験ゲーム~」は、創…
「XTech」がスタートアップ向け管理業務アウトソーシング・サービスをスタート
2019年12月3日、XTech株式会社は、子会社としてBizSuite株式会社を設立したことを発表しました。 BizSuiteは、スタートアップ向けに、月額15万円からで、管理業務を一括/部分的に依…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ