植物性食品のオンライン・マーケットプレイス「Vegewel Marché」運営の「フレンバシー」が資金調達

2020年7月2日、株式会社フレンバシーは、資金調達を実施したことを発表しました。

プラントベース食品(植物性食品)のオンライン・マーケットプレイス「Vegewel Marché(ベジウェル マルシェ)」を運営しています。

独自の審査基準にもとづき、日本全国からよりすぐったプラントベース食品を約200種類販売しています。

毎月商品を入れ替えて届ける定期便「プラントベース月替りBOX」の提供や、自社オリジナル商品「Vegewel RICE NOODLES」を開発しています。

肉や魚だけでなく、卵や乳製品などの動物性の食材をまったく使わず、豆や野菜などの食材だけを使用した食品をプラントベース食品(植物性食品)と呼びます。

アメリカのプラントベース食品市場は、過去2年で29%増加し、2019年には50億ドルに達しています。

アメリカでプラントベース食品の需要が増加している要因には、基本はベジタリアンだが、たまに動物性食品を食べる“フレキシタリアン”が人口の29%に達したこと、健康意識の高まり、プラントベース食品の食味の向上などが挙げられています。

また、将来的なタンパク質危機を見据え、代替タンパク質への需要はますます高まってくるとみられています。

B2CやD2Cビジネスでは、ネット通販はほぼ必須です。「冊子版創業手帳」では、ネット通販のはじめ方や、集客ノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Vegewel Marché プラントベース食品 フレンバシー ベジウェル マルシェ マーケットプレイス 株式会社 植物性食品 資金調達 食品

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業のピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ