家族の写真保管アプリ「DEKIGOTO」でアナログ写真やSDデータなどをデータ化・保管するサービスが開始

tips

2020年10月27日、株式会社DEKIGOTOは、「EFIL」内の新サービス「EFILデータサービス」を開始したことを発表しました。

「EFIL」は、家族の写真を1カ所に保管し共有することができるアプリです。クラウドに保管した写真を確認できるほか、写真を共有したりコメントができる家族専用SNS機能、写真をプリントしアルバムを作成する機能も提供しています。

「EFILデータサービス」は、スマートフォンで撮った写真だけではなく、アルバムや、SDカードやUSBなどのデータ、ネガフィルム、紙焼き写真など、アナログの写真を箱に詰めて送るだけで、データ化して「EFIL」内に保管するサービスです。

手軽に写真を撮ることができるスマートフォンの普及により、カラーフィルムの需要は大きく減少し、ほとんど市場が喪失したと言っても過言ではない状況となりました。

とはいえ、家にはまだ紙焼きの写真や、アルバム、ネガフィルムなどが眠っているという人は多く、アナログ写真の喪失を防ぐため、データ化してくれるスキャン・サービスなどが需要を獲得しています。

しかしデータ化した写真は、スマートフォンの中に保存されたままであったり、クラウドに保存していても、家族との共有がされておらず、将来的な喪失が不安としてあります。

日本フォトイメージング協会の調査によると、2019年度のフォトブック市場は順調に拡大しており、写真をプリントして手元に置いておきたいというニーズがあることがわかります。

写真は個人・家族にとって大切な思い出です。思い出を忘れないためにも、アナログ・デジタル双方の写真データを保管・共有するという意識の醸成を図ることができれば、クラウド保管サービスやプリント・サービスは大きく市場の拡大を見込めるでしょう。

企業においても活用できるのに眠っているデータというものがあります。それは名刺です。「冊子版創業手帳」では、名刺管理サービスの選び方について詳しく解説しています。名刺を管理することで、マーケティングや顧客管理にも活用することができます。自社に合ったサービスを選ぶとよいでしょう。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ DEKIGOTO EFIL アナログ アプリ クラウド スキャン データ 保管 共有 写真 株式会社
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

データカタログSaaS開発の「Quollio Technologies」が5,000万円調達
2022年1月11日、株式会社Quollio Technologiesは、5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 データカタログSaaSの開発を行っています。 既存のデータサービスに対…
NFTやDappの開発を通じNFTコンテンツエコシステムの構築を目指す「synschismo」が1,500万円調達
2022年5月10日、synschismo株式会社は、1,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 synschismoは、NFTやDapp(分散型アプリケーション)の開発を通じNFTコンテ…
「RevComm」の音声解析AI電話「MiiTel」が2月末まで無償提供
2020年12月2日、株式会社RevCommは、「MiiTel」を2020年12月2日(水)から2021年2月28日(日)の期間、無償提供を実施することを発表しました。 「MiiTel(ミーテル)」は…
広島大学発のVRゲームスタートアップ「Gino」が1,500万円調達
2022年10月24日、株式会社Ginoは、1,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Ginoは、広島大学の学生が中心となって設立したスタートアップです。VRゲームを開発しています。 現…
レシピ動画「クラシル」が「イオンリテール」と連携しネットスーパー機能を追加
2020年12月3日、dely株式会社は、イオンリテール株式会社と連携し、2020年12月3日(木)から「クラシル」内でネット・スーパーのサービスを開始することを発表しました。 「クラシル」は、国内最…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ