家族の写真保管アプリ「DEKIGOTO」でアナログ写真やSDデータなどをデータ化・保管するサービスが開始

tips

2020年10月27日、株式会社DEKIGOTOは、「EFIL」内の新サービス「EFILデータサービス」を開始したことを発表しました。

「EFIL」は、家族の写真を1カ所に保管し共有することができるアプリです。クラウドに保管した写真を確認できるほか、写真を共有したりコメントができる家族専用SNS機能、写真をプリントしアルバムを作成する機能も提供しています。

「EFILデータサービス」は、スマートフォンで撮った写真だけではなく、アルバムや、SDカードやUSBなどのデータ、ネガフィルム、紙焼き写真など、アナログの写真を箱に詰めて送るだけで、データ化して「EFIL」内に保管するサービスです。

手軽に写真を撮ることができるスマートフォンの普及により、カラーフィルムの需要は大きく減少し、ほとんど市場が喪失したと言っても過言ではない状況となりました。

とはいえ、家にはまだ紙焼きの写真や、アルバム、ネガフィルムなどが眠っているという人は多く、アナログ写真の喪失を防ぐため、データ化してくれるスキャン・サービスなどが需要を獲得しています。

しかしデータ化した写真は、スマートフォンの中に保存されたままであったり、クラウドに保存していても、家族との共有がされておらず、将来的な喪失が不安としてあります。

日本フォトイメージング協会の調査によると、2019年度のフォトブック市場は順調に拡大しており、写真をプリントして手元に置いておきたいというニーズがあることがわかります。

写真は個人・家族にとって大切な思い出です。思い出を忘れないためにも、アナログ・デジタル双方の写真データを保管・共有するという意識の醸成を図ることができれば、クラウド保管サービスやプリント・サービスは大きく市場の拡大を見込めるでしょう。

企業においても活用できるのに眠っているデータというものがあります。それは名刺です。「冊子版創業手帳」では、名刺管理サービスの選び方について詳しく解説しています。名刺を管理することで、マーケティングや顧客管理にも活用することができます。自社に合ったサービスを選ぶとよいでしょう。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ DEKIGOTO EFIL アナログ アプリ クラウド スキャン データ 保管 共有 写真 株式会社

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「CHILLNN」提供の宿泊券販売サービス「未来に泊まれる宿泊券」加盟数が開始1カ月で200施設を突破
2020年5月21日、株式会社CHILLNNは、「未来に泊まれる宿泊券」に加盟した施設数が200施設を突破したことを発表しました。 「未来に泊まれる宿泊券」は、2020年4月9日にスタートした、宿泊券…
​大学生向けスケジュール管理アプリ「Penmark」が5,800万円調達
2019年11月6日、株式会社ペンマークは、総額約5,800万円の資金調達を実施したことを発表しました。 大学生向けのスケジュール管理アプリ「Penmark」を運営しています。 シラバスから時間割を作…
AI顔診断と美容カウンセリング・サービス「mira」運営の「KINDLER」が資金調達
2020年4月30日、KINDLER株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 AI美容カウンセリング・サービス「mira(ミラ)」を運営しています。 1枚の写真から5秒で顔の特徴を分析し、美…
「Hacobu」が物流業界の脱FAX/脱電話をサポートする配送案件管理サービス「MOVO Vista」をローンチ
2020年10月2日、株式会社Hacobuは、「MOVO Vista(ムーボ・ヴィスタ)」をローンチしたことを発表しました。 「MOVO Vista」は、荷主企業、元請企業、協力運送会社のコミュニケー…
AIと量子コンピュータ搭載のクラウド・プラットフォーム提供の「グルーヴノーツ」が7.3億円調達
2020年5月27日、株式会社グルーヴノーツは、総額7億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 AIと量子コンピュータを搭載したクラウド・プラットフォーム「MAGELLAN BLOCK…

大久保の視点

デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ