注目のスタートアップ

AI真贋鑑定サービス「フェイクバスターズ」を運営する「IVA」が8億円調達

company

2023年8月9日、IVA株式会社は、総額約8億円の資金調達を実施したことを発表しました。

IVAは、AI真贋鑑定サービス「フェイクバスターズ」を運営しています。

多彩な経歴を持つ鑑定チームと最新鋭の専門機器・AI鑑定技術を駆使した鑑定サービスを提供しています。

2023年8月現在、スニーカー、ラグジュアリー、アパレル、アクセサリーなど、88のブランドを鑑定することができます。

今後、AI技術を強化して鑑定スピードを向上させ、これまで48時間以内に鑑定を行っていたクイック鑑定において、60分~90分で結果が出る特急オプションを追加する予定です。また、AIが鑑定できる領域を、バッグ・宝石・トレカなどへと拡大していく計画です。

2023年8月現在、日本語・英語・簡体中国語・繁体中国語・韓国語の5カ国語に対応していますが、2023年6月の台湾拠点設立を皮切りにさらに海外へと展開する計画です。


経済産業省の「令和3年度デジタル取引環境整備事業(電子商取引に関する市場調査)」によると、2021年のCtoC-EC(個人間EC)の市場規模は、2兆2,121億円(前年比12.9%増)と推計されています。

CtoC-ECとは、メルカリに代表されるフリマサイトやオークションサイトなど、個人間でモノやサービスを売買するECのことです。

スマートフォンが普及し、大勢の人がインターネットにアクセスできる環境を手に入れたことによって市場が拡大しています。近年は循環型社会の実現のため、モノの廃棄を減らし、利用できるものは最大限に利用するためのプラットフォームとしても注目され、今後さらなる成長が期待されています。

こうした中、CtoC-ECにおいて大きな課題となってきているのが、偽造品・海賊版などの存在です。

とくにスニーカーやブランドバッグなどの希少性が高く、コレクターが多くて高値がつきやすいアイテムは偽造品が多く、鑑定がされていないフリマアプリなどではトラブルのもととなっています。

こうした背景のもと登場したのが、真贋鑑定を行うサービスやプラットフォームです。

フェイクバスターズは、テクノロジーを駆使した鑑定サービスを提供しており、個人向け以外にも、世界各国のマーケットプレイス、大手リユース企業、ECサイト、買取販売店など、さまざまな規模・業態の企業にも導入・利用されています。

IVA株式会社のコメント

このニュースを受けまして、IVA株式会社よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

鑑定領域の拡大を見据え、AI技術の強化やグローバル展開、新規事業開発に充てる予定です。

さらには鑑定人材の増員などの組織づくりや、最適なマーケティングを通じて成長していくために、資金調達を行いました。

・今後の展望を教えてください。

2、3年以内には、累計1000万件の鑑定実績、また1年以内に100社を越えるパートナー企業の獲得を目指しています。

新たな取り組みとして、スニーカーのクリーニングサービスを今秋の開始を予定しています。

今後事業開発や、場合によってはM&Aを通じて、ファション分野に留まらず、多分野における鑑定をしていきたいと考えております。

・読者へのメッセージをお願いします。

年間55兆円分流通しているといわれる偽造品市場に立ち向かっていくことで、日本のみならずグローバル単位で安心安全なお買い物の機会を提供できるように今後も取り組みを強化してまいります。

企業・事業の成長には戦略的な資金調達やシナジーのある企業との提携が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI AI真贋鑑定サービス IVA アクセサリー スニーカー バッグ フェイクバスターズ ブランド 株式会社 真贋鑑定 貴金属 資金調達 鑑定
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

サイバーセキュリティ関連の実戦的な専門人材とトレーニングを提供する「サイバーコマンド」が資金調達
2023年10月2日、サイバーコマンド株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 出資者は、合同会社PKSHA Technology Capital Inc.と株式会社松尾研究所の子会社である…
「TRUST SMITH」が太陽光パネルの傷を感知するドローン向けAIシステムを開発
2019年10月23日、TRUST SMITH株式会社は、2019年9月24日に、太陽光パネルの亀裂をドローンを用いて検知するAIシステムを世界で初めて開発したことを発表しました。 TRUST SMI…
「ポック」が3,300万円調達 中小事業者向けサステナブルパッケージ制作サービス「POC」提供開始
2023年1月23日、株式会社ポックは、総額3,300万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、中小事業者向けサステナブルパッケージ制作サービス「POC(ポック)」を正式にローンチすることも…
遺伝子治療による視覚再生の早期実用化を目指す「レストアビジョン」が資金調達
2023年12月15日、株式会社レストアビジョンは、資金調達を実施したことを発表しました。 これにより、シリーズA総額で18.7億円の資金調達を完了しました。 レストアビジョンは、慶應義塾大学医学部と…
理系学生人材採用サービス「LabBase」運営の「POL」が10億円調達
2019年9月17日、株式会社POLは、総額10億円の資金調達を実施したことを発表しました。 理系学生の採用サービス「LabBase」を運営しています。 学生が自分の研究内容・スキルを書くだけで、企業…

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】