動画解析を活用した手術支援AI開発の「iMed Technologies」が1.7億円調達

2020年10月1日、株式会社iMed Technologiesは、総額1億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

脳梗塞・くも膜下出血に対する脳血管内手術の安全な手術を実現するため、動画解析を活用した手術支援AIを開発しています

今回の資金は、研究開発体制の強化に充当されます。

脳血管内手術は、従来の頭開手術と比較し、患者への負担が少ない手術となっています。足の付け根や肘の内側の血管など、体の表面近くを通る太い動脈からカテーテルを挿入し、脳動脈にアプローチする手法です。

この手術を安全に行うためには、病変部やその周辺の血管を詳細に映し出す撮影装置が必要となります。この装置がより高度なものになることで、より安全に脳血管内手術を行えるようになるでしょう。

研究開発型のビジネスは資金調達が非常に重要です。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI iMed Technologies 動画 医療 手術 支援 株式会社 脳血管内手術 解析 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ